2014年06月30日

Lung cancer seminar in Shiga 2014見聞録

昨日も書きましたが、Lung cancer seminar in Shiga 2014ではがんセンター東病院呼吸器外科の坪井正博先生による、今年のASCOからのトピックを含めた最新のエビデンスをご紹介頂きました。


外科の先生だからこそ、のクリアカットなお考え、それに手術をされている実感を交えてのお話が、いつもよく聞く内科サイドからのお話とはまた少しニュアンスが異なり、びんびん刺激的なお話として聞かせて頂きました。


いくつか印象に残った点を備忘のため記しておきます。キッチリエビデンスがあるお話とは限りませんが…。



・Single N2はLocal disease、Multi N2はSystemic disease


・EGFR+にケモラジすると、腫瘍細胞の性質が変わったためか、RFS短縮→それだったら手術→TKIの方がいいのかもしれない。


・区切ではマージン取らないと再発する。Mixed GGOでも脈管侵襲がたまにある。


・SBRT vs lobectomyでは意外に差が付いたので、特に若い症例ではlobectomyが良い。


・EGFR+の1stにイレッサとタルセバ、優劣なし。2ndも優劣なし。ちなみにイレッサ✕タルセバの比較試験を「入れたる(イレ・タル)試験」という。


・アファチニブはdel19なら良さそうだが、L858RだとOSが短縮し、1stで使うと耐性を誘導するのかもしれない。


・アファチニブは下痢がきついことがあり、要注意。


・ディオバン事件以降臨床試験の倫理指針が変わろうとしているが、若い人の柔軟な発想が研究になりにくくなるのではないかと心配している。


・EGFR+の1stはTKI。しかしどこかでプラチナ併用を使う方が、成績は良い。同時に使う試験が進行中。


・TKIフレアについて、TKIを使用中に病変による症状が出てきた人はTKIにケモを上乗せし、無症状の人はケモにスイッチ、としている。


区切vs葉切で、葉切の方が他病死が多いというデータを見ると、LN郭清しすぎるのも考え物かもしれない、という気持ちになる。縦隔リンパ節は他の病気の発生を抑制する役割を担っているのではないか。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 15:28 | Comment(0) | 学会・研究会見聞録

2014年06月29日

先週の活動報告

というわけで、昨日は姫路にて開かれた、第83回日本呼吸器学会地方会に参加、その後中野先生准教授就任祝賀会に参加してきました。


やはり姫路は遠く、そのためか、参加されている先生方がかなり少なく、会場ががらんとしていました。JRの遅延などもありましたが、プログラムに余裕があったためか、特に大きな混乱はなかったようです。


自分も行ってみて距離を実感したのですが、いつも地方会には姫路の先生方は遠方から多く参加され熱心に討議されています。その熱意、努力に改めて敬服いたしました。


地方会では、ランチョンセミナーでNTM症のお話、それから教育講演で血管炎のお話を拝聴いたしました。いずれも我が身の不勉強を実感するような、知らなかった事柄をいろいろ紹介して頂きましたので、またまとめてシェアしたいと思います。


中野先生准教授就任祝賀会では、中野先生が滋賀医大に初めての呼吸器内科医として赴任されたときからこれまでの歴史を振り返り、最初の状況からよくぞここまで医局が発展したものだ…という感慨と、それでもまだまだ、滋賀の呼吸器医療ということを考えたときに道半ばである、さらに頑張らねば、という思いを新たにしました。


各地で研修中の先生方も多く参加してくださって、活躍のご様子を聞けたのもうれしかったですね。



その前日、金曜日には、Lung cancer seminar in Shiga 2014に参加してきました。


これまで家庭の事情で、メーカーさん主催の研究会にはほとんど参加できなかったのですが、ようやく子供の世話に(物理的な意味で)手がかからなくなってきたこともあり、参加が可能となってきました。ただし、月水金に限りますが…。ずっと原則お断りしておりましたのが、参加可能になっただけでも少し前進、貴重な勉強の機会を生かしていきたいと思います。


がんセンター東病院呼吸器外科の坪井正博先生による、今年のASCOからのトピックを勉強させて頂きましたが、論理展開が明快で、自分も賢くなったような錯覚ができる、聴いていて楽しいお話でした。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 17:29 | Comment(0) | 活動報告

2014年06月28日

中野准教授就任祝賀会

今日は朝から姫路で呼吸器内科学会近畿地方会でした。


例の「腫瘍3」セッションの座長もつつがなく終え、その後
ウチの科長の准教授就任祝賀会が京都で開かれ、先ほど帰宅しました。


取り急ぎ、祝賀会の様子を写真でご紹介します。


DrNakano2.jpg


DrNakano.jpg

トップページへ

posted by 長尾大志 at 23:53 | Comment(0) | 日記

2014年06月22日

平成26年度FD研修会「少人数能動学習ワークショップ」に参加して

昨日は朝から夕方まで、1日かけて表記の会に参加して勉強してきました。まあ、いわゆるグループワークをやる、よくある研修会です。


今回の研修ではいわゆるテュートリアル改めPBLの目的、学生さんに期待することを挙げ、そのためにPBLやテューターがどうあるべきか、これを話し合うのが午前中。


午後にはその結果を基に、PBLのシナリオを考える、という構成でした。


岐阜大学医学部医学教育開発研究開発センターの鈴木教授には、カリキュラムのヒントとなる貴重なお話、講評を頂きました。最後に教えて頂いたカリキュラム、本学でも取り入れることができればいいのに、と思いました。


参加メンバーの皆さんが少人数能動学習に対して前向きに取り組む契機になれば、この研修の目的は達成されたのでしょうが…それにしても32名の教員、それに8名の学生課の皆さんを丸1日拘束してのこの研修、実りの多いものであったことを祈らずにはおられません。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 18:20 | Comment(0) | 日記

2014年06月21日

第24回月輪呼吸器疾患研究会「肺・縦隔腫瘍に対する経動脈的治療の試み」見聞録

水曜日に行われた表記の会にて、ゲートタワーIGTクリニックの院長先生、堀 信一先生に「肺・縦隔腫瘍に対する経動脈的治療の試み」と題した講演を頂きました。


肺や縦隔の腫瘍に対する経動脈的塞栓術は、随分以前に一時多く試みられ、その効果と合併症の兼ね合いなどからなかなか難しく、広く一般に施行されることなく衰退してしまっている感があります。


しかし堀先生のご施設では、ここ10年間で格段の進歩を遂げたカテーテルデバイス、それに塞栓物質、薬剤を駆使され、私たちの持っていた印象を覆す、驚異的な治療例を見せて頂きました。


とにかく情熱がスゴくて、動脈をかなり細かく選択して、DSAをやった上にCTで染まりを確認、さらにspinal arteryへの流入を確認するためにキシロカインテストを行う、という、相当な手間をかけて緻密に施行されている塞栓術治療。


ケモで押すしかない内科医の治療とはひと味違う、大変印象的な事例の数々でした。


途中で引用されていた「エビデンスはなくとも患者さんのために最良と思われることをやる」という言葉に深く同意します。昨今のエビデンス至上主義では、このような治療の選択肢は上がってこないでしょうが、実際にいろいろな事例を見ると、こういうこともありなのか、もっと多くの施設でできれば、とも思います。


ではありますが、いや、であるからこそ、エビデンスの構築も是非お願いしたいものです。それにはやはり多くの症例が必要でしょう。今後ますますのご発展を念願するものであります。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 17:16 | Comment(0) | 学会・研究会見聞録

2014年06月18日

第83回日本呼吸器学会地方会「腫瘍3」セッション予習5

6月28日に開かれる第83回日本呼吸器学会近畿地方会、「腫瘍3」セッション予習の続きです。


■ 進行期胸部悪性腫瘍患者の薬剤投与量決定における日本人向けGFR推算値の実用性についての検討

概要
カルボプラチンの投与量決定に際してGFR値には24hrCcr値やCockcroft法による推算値を用いることが多いが、日本人向けGFR推算値(eGFR値)の実用性を検討した。60歳未満ではeGFR値と24hrCcr値の差はわずかであった。


所感
こちらも日々の疑問を、実際のデータで検証するという試みです。eGFRはCKDの時などに使われ、最近では検査結果のついでに出てくるようになって身近な存在ですが、薬剤の投与量などを決定する際には、24hrCcr値やCockcroft法による推算値を用いることになっています。そんなに違うものなのか?疑問でしたが、やはり全く同じように、というわけにはいかないようですね。


小柄な高齢者はeGFRが高く推算され、Cockcroft法はより加齢の影響を受けやすく、いずれも筋肉量が少ない=Creが低いと不正確になるようです。結局のところ、24hrCcr値を測定すべし、ということなのでしょうか。


最近腎機能低下時などにシスタチンCを測定されることもあるようですが、まだ確立されていると言いがたいようです。



■ 間質性肺炎合併の高齢者非小細胞肺癌に対するカルボプラチン+パクリタキセル療法の後ろ向き検討

概要
間質性肺疾患合併非小細胞肺癌に対して、しばしばカルボプラチン+パクリタキセル(CP)療法が用いられるが、高齢者に対してのプラチナ併用療法を検討した報告はほとんどない。


75歳以上高齢者11例の後ろ向き検討。奏効率54.5%、生存期間中央値8.2ヶ月、Grade 5の肺障害は1例に認めた。


所感
ウチでも間質性肺炎合併の高齢者非小細胞肺癌症例が多く、抗癌剤の選択に苦慮する場面は少なくありません。CP療法は比較的安全な印象がありますが、間質性肺炎の悪化がしばしば見られるのも紛れもない事実であります。また、しびれ(末梢神経障害)の問題もしばしば頭を悩ませます。


それでもやはりCPがベストなのか、このような症例に安全安心なレジメンは他にあるのか、考え討論できればと思います。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 17:32 | Comment(0) | 学会・研究会見聞録

2014年06月17日

第83回日本呼吸器学会地方会「腫瘍3」セッション予習4

6月28日に開かれる第83回日本呼吸器学会近畿地方会、「腫瘍3」セッション予習の続きです。


今日は行事が多いので、手短に。

■ ペメトレキセドに7日間の前投薬は必要か?

概要
ペメトレキセドには葉酸やビタミンB12の前投薬が必要とされているが、治療開始時に遅延が生じる可能性があり、患者からの不満が見受けられる。そのため7日未満の前投薬で治療開始する例があり、後ろ向き検討で前投薬投与日数が骨髄抑制に及ぼす影響を後ろ向きに検討した。


所感
こういう、日々の臨床で生じた疑問について、スルーせず突き詰めて行くという姿勢は是非見習いたいものです。ウチでも同じように「前投薬、いるんですかね〜」という会話は何度となくなされていたのに、「まあ、いるんちゃう?」てな感じで何となく見過ごしてきたことを振り返り、猛省しております。


もちろん、検討できるだけの症例数があるという、日々の臨床を頑張っておられることが前提としてあるわけですが、大切なのはやはり日々の姿勢ですよね。


どの程度まで前投薬期間を短くしても良さそうなのかがわかれば、次は前向き検討です。是非前向きにお願いしたいと思います。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 17:05 | Comment(0) | 学会・研究会見聞録

2014年06月16日

第83回日本呼吸器学会地方会「腫瘍3」セッション予習3

6月28日に開かれる第83回日本呼吸器学会近畿地方会にて、「腫瘍3」セッション座長を務めることとなりました。予習の続きです。


■ 当院でクリゾチニブを使用した肺癌症例の検討

概要
クリゾチニブを使用した10例の使用経験。投与期間中央値は76日、評価可能な9例中6例が病勢制御され、制御期間中央値は187日(68−673日)であった。副作用は7例に見られ、うち6例は休薬を要した。


所感
ウチではまだALK陽性が1例で、なかなかクリゾチニブを使えていませんが、使用感は悪くなかったです。この発表では6例が休薬を要する副作用を呈した、ということですが、最終的に投薬を中止するに至ったのは6例で、うち3例が病勢進行のため、ということですので、必ずしも副作用が大きな問題となる、ということではないようです。


やはり多く症例を経験されている施設のご経験は貴重なものですがら、実際使用されての感触を承りたいと思います。



■ DIC治療中にヘパリン起因性血小板減少症を発症した肺腺癌の一例

概要
思考力低下とふらつきを主訴に脳神経外科受診、肺腺癌の多発性脳転移と診断された。全脳照射を施行中、意識障害増悪し、癌性心膜炎とDICも発症した。DICに対してヘパリンを投与したところ、著明な血小板低下を認めた。ヘパリン投与を中止したところ血小板数は回復し、抗HIT抗体は強陽性であった。その後胃管よりエルロチニブを投与したところ意識状態は改善し、原発巣、脳転移ともに腫瘍は縮小した。


所感
ポイントがどこなのか、抄録を見ただけでは判然としませんが、タイトルからするとヘパリン起因性血小板減少症(HIT)が珍しい、ということでしょうか。腺癌でDICで、それでHIT、というところがポイントなのかもしれませんが、1つ1つの事象としてはそれほどまれな出来事ではなさそうですので、文献的考察を含めた検討がポイントになりそうです。いずれにしても、当日のご発表でどのようにまとめられるか、拝見したいと思います。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 16:36 | Comment(0) | 学会・研究会見聞録

2014年06月15日

第83回日本呼吸器学会地方会「腫瘍3」セッション予習2

6月28日に開かれる第83回日本呼吸器学会近畿地方会にて、「腫瘍3」セッション座長を務めることとなりました。今日もあれこれ忙しかったのですが、予習を少しだけやってみました。


■ Bevacizumabを含む化学療法が脳転移病巣に奏効した進行肺腺癌の1例

概要
初診時脳転移ありStageWの肺腺癌症例に対しサイバーナイフ施行後CDDP+PEM2コース投与したが、脳転移新病変を認め増悪と判定した。2次治療としてCBDCA+PTX+Bevacizumabを投与したところ脳転移病巣は縮小し、脳出血などの毒性も認めなかった。


所感
当初脳転移があったらほとんど禁忌、みたいな扱いだったBevacizumabですが、それほど脳転移病変のトラブルは経験されていないようです。それでも、「大手を振って〜」というのとはまだ違う、微妙な扱いになっているように思います。


「慎重投与」を外すということになると、確たるエビデンスを必要とします。まだ今は蓄積の時期でしょうか。


また、実際使用していての疑問は、効果がある症例とない症例があるという点です。確かに脳転移にも効いたように見えることもあるのですが…効果が期待できる症例かどうか、予見することはできないものでしょうか。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 18:54 | Comment(2) | 学会・研究会見聞録

2014年06月13日

第83回日本呼吸器学会地方会「腫瘍3」セッション予習1

6月28日に開かれる第83回日本呼吸器学会近畿地方会にて、「腫瘍3」セッション座長を務めることとなりました。例によって、「その他」に近いセッションになります(//∇//)


何が気になるかって、どんな服装でいったものか、ということです。例年夏の地方会はメッチャ暑いので、クールビズにさせて頂くことが多いのですが…座長でもあり、上着はあった方がいいかと思ったり、遠いので荷物になるかとも思ったり。


姫路であるからか、演題は若干少ないようですが、逆にいつも精力的に学会など参加されている姫路の先生方には敬意を表します。閑話休題、恒例の予習にお付き合いいただきたいと思います。



■ 胸壁軟骨肉腫の一例

概要
中年女性。3年前から検診胸部X線写真で右肋骨骨折を指摘されていたが放置。本年は同様の右肋骨骨折と左肺の陰影を指摘されて受診。右肋骨の腫瘤と左肺結節、左肺動脈に塞栓を認めた。胸壁原発の軟骨肉腫と診断した。


所感
軟骨肉腫がまれである上に胸壁原発もまれですので、文献に基づいた考察といってもなかなか難しいですね…。やはり確認したいのは転移が生じる前に診断できなかったのか、ということになるかと。



■ 肺癌が原因のバゾプレシン分泌過剰症(SIADH)に対してV2受容体拮抗剤であるトルバプタンを使用した2例

概要
本邦で使用可能なV2受容体拮抗剤モザバプタン塩酸塩とトルバプタンの2種類がある。SIADHへの保険適応は前者のみで、希少疾患治療薬であることから煩雑な手続きや制限がつきものである。今回SIADHの2症例にトルバプタンを使用したが問題はなかった。


所感
サムスカレジスタードマーク(トルバプタン)が発売されたとき、私も同じことを考えました。しかしウチでは保険適応外の使用はかなりハードルが高く、SIADH症例もそれほど多くないことから、昔ながらの治療を行っていました。もちろんエビデンスの問題、メーカーの考え方などの理由ははあるのでしょうが、モザバプタン塩酸塩とトルバプタンの違いがどこにあるのか、今後保険適応拡大にあたっての課題は何か、などを議論できればと思います。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 17:15 | Comment(0) | 学会・研究会見聞録

2014年06月08日

選抜総選挙所感

毎年恒例?ですので、昨日開票のあったAKB48グループ選抜総選挙の所感を述べさせて頂きます。


昨日も書きましたが、今回の総選挙の特徴として、「あきらめずに、ひたすら、まじめに頑張ってきた」メンバーが報われた例が多く見られた点が、とても印象深いものでした。


1位になった渡辺麻友は、以前「全てを大好きなAKBに捧げてきた自信がある」という発言がありましたし、NMBで孤軍奮闘となった山本彩のストイックぶりも広く知られているところであります。


またSKEをはじめ、ずっと頑張っているのに不遇であったメンバーが、ファンの後押しで上位入賞を果たした事例も多く、勇気づけられましたし、個人的にはやはり滋賀県の星、田名部未来のランクインは素直に「よかったな〜」と思いました。


やはり、若い人が「好きなことを見つけて、とことん頑張る、あきらめずにやり抜く」様子を見られるのが、年寄りとしてはなんともありがたいもの。明日からまた、若い人たちが自分の仕事を好きになり、がむしゃらに頑張れるよう、お手伝いをしていけたらと思います。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 20:39 | Comment(0) | 日記

2014年06月07日

例の選抜総選挙

今日は1日、誰かの送迎と買い物でずっと運転手、先ほど選抜総選挙の結果を知りました。


いやあ〜そうですか。これはメンバーもそうですが、ファンの頑張り?ですからね〜。いろいろとドラマがありましたね。まあ誰を推すとかではありませんが、こういう立場でいると、(正統派で)ずっと頑張ってきた人が報われたのはよかったな〜と思いました。取り急ぎ。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 23:31 | Comment(0) | 日記

2014年06月01日

呼吸器内科BBQ

今年もやりました、呼吸器内科BBQ。
肉と海産物の集いでしたね〜。よかったです。


2014-06-01BBQ 005.JPG


スタッフが増えるとどうしても予定が合わなくなり、幾人かの欠席もありましたが、
それを補うにあまりある?1年目、2年目の先生方、またスタッフの子供たちがにぎやかに盛り上がりました。


2014-06-01BBQ 012.JPG


科長の准教授ご就任もささやかにお祝い。本チャンは改めて。
手前は「私たちのケーキをなんでこの人が食べようとしているの?」と思っている?子供たち。


2014-06-01BBQ 020.JPG


けっこう暑かったのでくたびれました…このあと車の点検引き取りやら公園で遊ぶやらなんやらかんやら、さらにくたびれて、もう眠いです…。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 22:49 | Comment(0) | 日記