2018年03月05日

看護師さん向け書籍企画・「低酸素」のすべて9・換気血流ミスマッチ

例えば肺炎という疾患は、肺胞の中で細菌が増殖して炎症を起こし、肺胞内が水びたしになった状態です。水びたしの肺胞ではガス交換が出来ず、低酸素血症になります。肺モデルで2個のうち1個の肺胞が水びたしになったと考えてみましょう。

スライド15.JPG

この水びたしのエリアを通るヘモグロビンは還元ヘモグロビンのままで、健常な肺胞を通ってくるヘモグロビンだけが酸化ヘモグロビンになります。結果、これらが混ざり合う左心房では、飽和しているヘモグロビンが半分(50%)、つまりSaO2(動脈血酸素飽和度)が50%!ということになりますね。

ナースのための呼吸器道場

トップページへ

posted by 長尾大志 at 18:54 | Comment(0) | ナースのための呼吸器道場