2018年03月30日

看護師さん向け書籍企画・「低酸素」のすべて25・酸素の投与法5・インスピロンについて

インスピロンも古くからあるハイフローシステムですが、今でも誤解されて使われているケースをよく見かけます。

基本的にはベンチュリーマスクと同じで、「流れてきた酸素に一定の割合の空気を混ぜることでハイフローを作る」システムです。

ベンチュリーマスクもそうですが、元々、昔ながらのローフローシステムからやってくる、せいぜい12L/分とかの流量である酸素を、ジェット化して空気を混ぜてハイフローにするシステムなのです。

スライド41.JPG

なので、ハイフローで流れてくる混合気のFIO2は、せいぜい50%にしかならない、というところに注意が必要です。ベンチュリーマスクではアタッチメントに(O2 ○L、FIO2 ○%)と書いてあって、最大でも50%までのものしかありません。ですから間違えることはないと思うのですが…。

インスピロンだと、目盛りに「100%」なんて書いてあるんですよね…。

ナースのための呼吸器道場

トップページへ

posted by 長尾大志 at 19:19 | Comment(0) | ナースのための呼吸器道場