2018年11月30日

喘息予防・管理ガイドライン2018における(特に治療の)変更点2

喘息のガイドラインが(も)、2018年に『喘息予防・管理ガイドライン2018』に変わりました。まあご多分に漏れず、変わったところは新製品のところですね。診断のところとかも細々と変わっているところはあるんですが、一般の先生方にとって大事なところといえば治療のところかと思います。


■ LAMA(スピリーバレジスタードマーク)の位置づけ

これも何となく、メーカー臭がしないでもありませんが…。

これまで気管支喘息における気管支拡張薬はβ2刺激薬が中心で、LAMAは重症の時に…という位置づけであったものが、2018からは治療ステップ2という、比較的軽症の段階からLAMAを「使ってもよい」となりました。

ここで治療ステップについて少し触れておきます。

喘息が軽症の時にはあまり薬を使わなくても比較的たやすくコントロールが出来ますが、重症とか慢性になってくると、コントローラーを何種類も併用しなくては症状がコントロールできなくなります。

そこで、大体どのくらいの状況だったら、こういう治療で行きましょう、という目安をガイドラインでは示されています。あまり細かいものを知らなくても、現場では

・コントロール不良だったらコントローラーを加える
・3-6ヶ月間コントロール良好だったら、コントローラーを減らす/止める

という原則でいけそうではありますが、参考までに取り上げておきましょう。

まず喘息の状態ですが、症状の頻度、強度によって分類します。

  • 軽症間欠型|症状が週1回未満・症状は軽度、短時間

  • 軽症持続型|症状が週に数回(毎日ではない)

  • 中等症持続型|症状が毎日・発作治療薬をほぼ毎日使う

  • 重症持続型|症状が毎日ある・しばしば増悪する

喘息予防・管理ガイドライン2018より引用改変


web喘息講座

トップページへ

posted by 長尾大志 at 17:50 | Comment(2) | web喘息講座