2019年08月08日

新令和・胸部X線写真の読みかた基礎編3

それでは実際に胸部X線写真を眺めてみるわけですが、皆さんはどのような順番でご覧になっていますか。

特に、必ずこれといった決まりがあるわけではありませんが、見逃しを防ぐという意味では@自分なりに見る順番を決めておき、必ずすべての場所に目をやる習慣をつける
A見逃しそうなところ死角を意識し、あえてその部分をしっかり見る
B左右の比較・過去画像との比較を意識する
といったことが必要かと思います。

順番ということでは「小三J法」や「人の肺(ハイ)」など、語呂合わせとともに色々な順番が提唱されていますが、どれが優れている、というものでもなく、ご自身が覚えやすい方法にしたがって、確実に読影して頂くのが大事なことです。

ここでは私が若い頃に教わった、実際に読影する時の順番をご紹介したいと思います。

@第一印象(パッと見):外観、肺の大きさ、左右のバランス。
A骨軟部陰影:骨折、溶骨や皮下気腫。
B縦隔:気管、肺門、大動脈弓〜下行大動脈。
C心陰影:心胸比、心臓の位置。
D横隔膜:肋骨横隔膜角、横隔膜裏。
E肺野を左右比較しながら見ていく。

この順番を採用している理由は、最も所見が目立つ肺野をあえて後回しにする、見落としがちな物陰を先に見るというところにあるかと思います。


@第一印象(パッと見)

胸部X線写真の(CTよりも!)優れている点の一つが、この一覧性、パッと見で何となく異常がわかるというところです。ここでの感度を上げるためには、何といっても正常像を数多く見ることが大事です。今後はAIが補助をしてくれるでしょうが…。

ここで気づいていただきたいのは、まず肺の大きさと形、左右の対称性です。そして肺野に目立つ陰影があれば、ここで指摘できるかと思います。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 11:26 | Comment(2) | 胸部X線道場