2019年08月27日

新令和・胸部X線写真の読みかた基礎編14

物陰ウラに注意

縦隔、心臓、横隔膜、肺尖部は、肺野が物陰になりやすい場所ですので、見落とさないように注意が必要です。

縦隔(緑)を見るときには気管、気管分岐部、肺門部あたりの線の見え方が普段と違わないか、心陰影(橙)の裏を見るときには左3〜4弓や下行大動脈のシルエットサインに注意して、横隔膜(紫)を見るときには裏を走る肺紋理(血管影)や横隔膜自体のシルエットサインに注意して、そして肺尖部(赤)を見るときには左右差をしっかり確認しましょう。

スライド36.JPG

トップページへ

posted by 長尾大志 at 17:56 | Comment(0) | 胸部X線道場