2020年10月31日

引き続き、オンラインセミナー告知させていただきます。

ここにきてオンラインでのセミナーがいくつか続きますので、告知させていただきます。

11月5日(木) Antaa 「やさしイイ胸部X線読影」

122997783_3434356273346250_5859166963501212535_o.jpg

11月6日(金) 学研メディカル 収録 詳細が決まりましたら、改めて告知させていただきます。

11月7日(土) 日本離床学会
「Dr長尾の”やさしイイ”呼吸ケア教室」

https://www.rishou.org/seminar/theory/r52-2020#/

11月9日(月) 国試対策「結核」 こちらは学内限定です!

11月10日(火) Career Webinar

122999106_3432075933574284_615199566945558120_o.jpg

煽り文がまあまあ恥ずかしいですね…。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 16:40 | Comment(0) | 活動報告

2020年10月30日

胸部X線読影道場ふたたび374

今回の画像はこちらです。

スライド217.JPG

トップページへ

posted by 長尾大志 at 10:16 | Comment(2) | 胸部X線道場

2020年10月29日

胸部X線読影道場ふたたび373

この画像のミソは、「左右差」に気づかれるかどうか、というところですね。

右上肺野、気管の右横に結節がポコポコ見られます。肋骨が立て込んでいるところで、気づかれにくいかも知れませんが、肺野濃度の「左右差」に気づいて頂きたいところです。傍気管線はしっかり残っているので、気管とは接していないと考えられます。

スライド216.JPG

CTを見ると、気管とはほんの少し離れて結節がポコポコありますね。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 18:05 | Comment(0) | 胸部X線道場

2020年10月28日

胸部X線読影道場ふたたび372

今回の画像はこちらです。

スライド215.JPG

トップページへ

posted by 長尾大志 at 15:28 | Comment(2) | 胸部X線道場

2020年10月27日

胸部X線読影道場ふたたび371

さらに前の画像に遡りますと…

スライド214.JPG

2年半前から両側びまん性の網状影・高吸収域がありますが、分布は肺尖の胸膜肥厚+下肺優位の網状影、みたいな感じです。昨今であればNTMをまず考え、菌がでない・経過の進展・CT画像などからPPFEを考える、という流れになることが多いと思います。

本症例では気管支鏡にても菌検出せず、肺尖部胸膜の肥厚と収縮の進行などからPPFEと、下肺野の蜂巣肺から線維化病変の合併と考えられていました。

それが今回は急性増悪、心拡大・両側胸水もありそうです。ということで。

思うに基礎にPPFEがあって、そこに急性増悪が生じた、それに心不全もありそう、という感じでしょうか。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 13:04 | Comment(0) | 胸部X線道場

2020年10月26日

CareNeTV「総合内科専門医試験オールスターレクチャー 呼吸器」に登壇致します!

CareNeTVさんで絶賛好評配信中の「総合内科専門医試験オールスターレクチャー」ですが、このたび私も『呼吸器(全6回)』に登壇させて頂きますので、告知させて頂きます。

バナー.jpg

https://carenetv.carenet.com/series.php?series_id=365

ここ最近、立て続けに呼吸器分野のガイドラインが新しくなりました。特に非専門の先生方はその全てをしっかりとCatch upすることは難しいのではないでしょうか。それでいて、日常診療に大きく影響するような変更もあったりしますので厄介です。そして、そういうポイントこそが「総合内科専門医」に求められているところでもあるでしょう。

ということで、最近新しくなったガイドラインの、見どころ、大事なところをピックアップして、総合内科専門医試験に備えるのみならず日常診療に活かして頂きたい、レクチャー番組の配信が始まりました。

第1回は『慢性閉塞性肺疾患(COPD) オーバーラップ症候群(ACO)』配信中です。引き続き…

2020/11/11(水) 第2回 特発性間質性肺炎(IIPs)

2020/12/02(水) 第3回 咳嗽・喀痰

2020/12/23(水) 第4回 喘息

2021/01/20(水) 第5回 肺炎

2021/02/10(水) 第6回 肺癌

と続きます。是非ご覧ください〜。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 18:06 | Comment(0) | 胸部X線道場

胸部X線読影道場ふたたび370

所見があまりにも多彩ですから、過去画像が是非ほしいですね。私もほしいです。

スライド213.JPG

10ヵ月前も多彩ですが、思うに基礎に○○○○があって、そこに○○○○が生じた、それに○○○もありそう、という感じでしょうか。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 10:25 | Comment(2) | 胸部X線道場

2020年10月25日

胸部X線読影道場ふたたび369

今回の画像はこちらです。色々ありすぎて、といったところでしょうか。

スライド212.JPG

トップページへ

posted by 長尾大志 at 14:51 | Comment(2) | 胸部X線道場

2020年10月24日

胸部X線読影道場ふたたび368

側面像では背側にしっかりとした境界線に包まれた高吸収域。おそらく被包化された胸水・膿胸かと考えられます。

被包化されている胸水は、時に単純X線写真でもクッキリとした境界線が見えますね。

スライド211.JPG

3週間前(健常時)と比較すると、シルエットサインの存在がよくわかりますね。心陰影はシルエット陰性、と思わず書いてしまいましたが、実は4弓下端は陽性。こういう、胸水のクセ、みたいなことがわかると、胸部X線写真の読影が本当に楽しくなりますね。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 18:27 | Comment(0) | 胸部X線道場

2020年10月23日

胸部X線読影道場ふたたび367

ずっと読んで頂いている方でしたら、もうこの手の画像には慣れっこ…でしょうか。

左中下肺野の高吸収域、下行大動脈・横隔膜シルエットサイン陽性かつ心陰影はシルエットサイン陰性、肋横角鈍化あり、左下葉のコンソリデーション+胸水、といったところでしょうか。それにしては、辺縁が割とクッキリしていますね…。側面像でも…

スライド210.JPG

トップページへ

posted by 長尾大志 at 15:36 | Comment(2) | 胸部X線道場

『Dr.長尾プロデュース 呼吸器腹落ちカンファレンス』ふたたび

お知らせ続きで恐縮ですが…。

少し前?に発売されました『Dr.長尾プロデュース 呼吸器腹落ちカンファレンス』の立ち読みがWebからできるようになりました!

呼吸器腹落ち表紙.jpg

呼吸器専門医がおられない施設で研修されている研修医の先生方や、呼吸器の勉強をしたい非専門の先生方に、カンファレンスで学んでいただきたい事柄を思い浮かべて書きました。もちろんこれから呼吸器を回るにあたって、どんなことを突っ込まれるのか、戦々恐々とされている研修医の先生方も、是非一度ご覧ください!

金芳堂さんのホームページに飛びます。内容紹介、目次、ページサンプルを読んで頂けます。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 14:26 | Comment(0) | 胸部X線道場

2020年10月22日

『胸部X線読影に役立つ 気管支走行の覚え方(Webコンテンツ)』発売開始!

このたび、日本医事新報社さんから、『胸部X線読影に役立つ 気管支走行の覚え方(Webコンテンツ)』が発売開始となりました〜。
販売ページは⇒
https://www.jmedj.co.jp/premium/llsn/
(立ち読みも出来ます!)

目次
ブロンコ体操とは
ブロンコ体操実践
肺の区域とシルエットサイン
シルエットサインで病変の存在する肺区域がわかる

Webページと表紙.jpg

となっております。胸部X線写真読影で多くの人がつまずくシルエットサインについて、豊富な症例写真とシェーマを使って、しっかりとマスターして頂けるよう工夫致しました。写真の解説もブログより丁寧です笑。シルエットサインをマスターしたい方、是非どうぞ!!

トップページへ

posted by 長尾大志 at 18:28 | Comment(0) | 胸部X線道場

胸部X線読影道場ふたたび366

今回の画像はこちらです。

スライド209.JPG

トップページへ

posted by 長尾大志 at 12:33 | Comment(2) | 胸部X線道場

2020年10月20日

胸部X線読影道場ふたたび365

こちら、最初の時のCTです。肺炎・肺膿瘍+膿胸としてドレナージを必要としました。

スライド208.JPG

CTRX+LVFX、さらに酸化マグネシウムまで投与されていて、良くならず…。ドレナージとSBT/ABPCで軽快しました。こちらでの喀痰からはStreptococcus speciesしか検出出来ませんでしたが、経過から思うに嫌気性菌の関与だったのかな、という感じですね。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 13:23 | Comment(2) | 胸部X線道場

出雲胸部X線読影会特別講演会 「やさしイイHRCT教室」

本日、出雲胸部X線読影会特別講演会 「やさしイイHRCT教室」があります。全国どこからでもリモート参加頂けますが…

お申し込みを陸続と頂いていると聞き及んでおりますが、なにせ手作業での登録となっておりますゆえ…お申し込みは本日午前中までにお願い申し上げます。m(__)m

トップページへ

posted by 長尾大志 at 10:16 | Comment(0) | 活動報告

2020年10月19日

オンラインセミナー告知です

しばらく途絶えていたセミナーや講演が、オンラインでぼちぼち復活しつつありますのでこちらで告知をば。

10月20日(火) 19時〜20時 出雲胸部X線読影会特別講演会 「やさしイイHRCT教室」
胸部X線写真読影の話しか出来ないと思ったら大間違い(笑、HRCTの基本をおさらいしましょう!

チラシ.jpg


10月25日(日) 8時〜12時 適々斎塾呼吸器疾患Case study
プライマリ・ケア 外来診断目利き術50 (適々斎塾指南書)発売記念Webinarです。気合い入っております!!

thumbnail_呼吸器疾患Case Study.png


11月7日(土) 10時〜16時 日本離床学会 「Dr長尾の”やさしイイ”呼吸ケア教室」
https://www.rishou.org/seminar/theory/r52-2020#/

トップページへ

posted by 長尾大志 at 19:18 | Comment(0) | 活動報告

胸部X線読影道場ふたたび364

パッと見て左中下肺野が真っ白ですね。心陰影も下行大動脈も横隔膜も全部見えませんから、左の上葉も下葉も病変がある、もしくは胸水があるのでしょうか。左の中肺野にある陰影は一見丸い辺縁のようで、腫瘤にも見えますが、よくわかりませんね。

縦隔は少し右に偏位しているので、胸水はあるのかな〜と思います。丸い中肺野の陰影の下にある下肺野の陰影は、肺紋理が全く確認出来ない点、そして端がひゅいんと跳ね上がっていることからも胸水っぽいですね。

症例は他院で肺炎と診断され、CTRX投与されたものの改善なく、LVFX投与されたのが3日後。

スライド207.JPG

良くならない、とご紹介。色々思うところはありますが…。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 14:28 | Comment(0) | 胸部X線道場

2020年10月18日

胸部X線読影道場ふたたび363

今回の画像はこちらです。

スライド206.JPG

トップページへ

posted by 長尾大志 at 19:04 | Comment(1) | 胸部X線道場

2020年10月17日

胸部X線読影道場ふたたび362

先日の症例に似て、大小不ぞろいの結節が右>左に見られます。右には気胸+胸水もありますね。こちらも辺縁が明瞭な、肉腫系の肺転移でした。

スライド205.JPG

10日後には対側も…。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 14:39 | Comment(0) | 胸部X線道場

2020年10月16日

胸部X線読影道場ふたたび361

今回の画像は、図らずも、どこかで見たような気もしますね…。偶々です!

スライド203.JPG

トップページへ

posted by 長尾大志 at 09:24 | Comment(6) | 胸部X線道場