2021年06月02日

胸部X線写真・側面像の見かた8・実例2

昨日の画像は、正面像でも右2弓シルエットサイン陽性+その外側に高吸収域、ということで右S5に病変があることがわかりますが、側面像でも心陰影に重なって、大葉間裂の上にべたっとした高吸収域が見られますから、中葉の病変だなーとわかります。

ただし、側面像「だけ」だと、病変が右にあるのか左にあるのかはわかりにくいものです。本症例ではたぶんわかりません。このあたりからも側面像「だけ」、という選択肢はあまりないかなあと思います。

スライド22.JPG

2年前にはきれいに右2弓が見えますね。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 09:45 | Comment(0) | 胸部X線道場