2021年06月09日

胸部X線写真・側面像の見かた14・実例8

側面像ではきれいに大葉間裂と小葉間裂が浮き出ていて、上方の高吸収域を境しています。ということは高吸収域は右にあるとわかりますね。で、上葉の陰影であると。側面像だけで「右上葉の病変」とわかるの、スゴくないですか?昨日の「肺の孔」でもつい興奮してしまいましたが、こういう「おお〜〜」という体験を若い皆さんにお伝えしたい、分かち合いたいんですよね〜。

そこで正面像を見て、思ったように見えた時の感動。これなんですよね〜。

スライド40.JPG

キッチリ毛髪線で境されている高吸収域、もちろん正面像では「右上葉の病変」とわかりますね。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 13:02 | Comment(0) | 胸部X線道場