2022年10月11日

とある疾患2集中講義7

というわけで、コメントの解説通り……(汗)これらはPPFEの症例たちでした。

なんといってもその特徴は、強烈な上肺野の縮みにあるといえるでしょう。縮みに伴う周りの構造物〜気管、気管支、横隔膜などの変形に注目ください。また肺尖中心に、胸膜直下の濃厚な陰影が見られることも。

典型的単独例では下肺野には陰影が見られませんが、UIP病変を合併していることがしばしばあり、その場合UIPに典型的な「両側下肺野、胸膜直下」の陰影も併存します。急性増悪もIPF(UIP)同様に生じます。

また、しばしば片側性、あるいは片側優位像が見られることもあります。

鑑別すべき疾患は、当初混同されがちであったNTM(MAC)症が筆頭でしょう。



さて、本来昨日告知するはず?だった週末の勉強会(医学生さん向け!)のお知らせです。

ポスター.jpeg

鹿児島大学プライマリケアサークルKAANさんの企画で、その名も「胸部X線KAAN勉強会」、医学部低学年生、初学者の方向けのセミナーになります。胸部画像初学者の皆さん、どしどしご参加ください!!

トップページへ

posted by 長尾大志 at 15:09 | Comment(2) | 胸部X線道場

2022年10月09日

とある疾患2集中講義6

今回はこちらです。

170217CR01.jpg

私が解説しなくてもコメント欄に詳細な解説がございますので、必要な方はご参照ください笑!

トップページへ

posted by 長尾大志 at 14:04 | Comment(1) | 胸部X線道場

2022年10月08日

とある疾患2集中講義5

今回の画像はこちらです。

200304CR001.jpg

とあるイベントが起こったときの画像が↓↓こちら。

200508CR001.jpg

トップページへ

posted by 長尾大志 at 11:50 | Comment(1) | 胸部X線道場

2022年10月07日

とある疾患2集中講義4

もう一丁。

200214CR01.jpg

こちらは2年半前です。

170817CR01.jpg

トップページへ

posted by 長尾大志 at 09:49 | Comment(1) | 胸部X線道場

とある疾患2集中講義3

更新するはずだった分を取り戻します。

200107CR001.jpg

こちらは7年前。

130304CR001.jpg

トップページへ

posted by 長尾大志 at 09:45 | Comment(1) | 胸部X線道場

とある疾患2集中講義2

ふと気づくと2日経過……。

この間何していたのか、といいますと、tsucom塾さんの配信、看護学校の講義、医師国家試験対策企画の詰め、はたまたミーティング等々……。

言い訳はさておき、今日の画像です。

170626CR001.jpg

こちらは4年前です。

131226CR001.jpg

トップページへ

posted by 長尾大志 at 09:27 | Comment(1) | 胸部X線道場

2022年10月04日

とある疾患2集中講義1

というわけで、前回のシリーズはCOPDでした。昨日の写真、1日で左下肺野に肺炎が生じておりましたね。

今回のシリーズはいかがでしょうか……。

170907CR001.jpg

トップページへ

posted by 長尾大志 at 20:32 | Comment(1) | 胸部X線道場

2022年10月03日

とある疾患集中講義6

とある疾患、今回で一旦シリーズ終了です。

180420CR001.jpg

ちなみにこちらは翌日です。違いはどのあたりでしょうか。

180421CR001.jpg

トップページへ

posted by 長尾大志 at 18:45 | Comment(2) | 胸部X線道場

2022年10月02日

10月5日と12日、tsucom Liveで胸部X線写真読影の基礎を学びましょう!

ところでtsucomさんって何?ということですが、tsucom=突っ込む、ということで、各々の参加者の方が、指導者からの(時間と空間を超えた)ツッコミを受けることができるシステム、ということになります。

主に若い先生方や非専門の先生方に、何らかのアクションをしていただく。問題に対して回答していただく、であるとか、私の担当箇所であれば胸部X線写真読影をしていただく、とかでしょうか。で、それを録音して、それに対して私がしかるべきタイミングで「ツッコミを入れる」。そうすることによって時間と空間をこえて、あたかも目の前で添削をしてさせて頂いてるような感じで若い先生の学びになるというようなシステムになります。

こちらのシステム、結構良くできていてユーザーフレンドリーであり、私のようにITに疎いものでも問題なく取り組むことができるシステムになります。

で、こちらのサービスリリースにあたり、まずは胸部X線写真読影の基礎を語る動画の「公開収録」を10月5日に行うことになりました。このような基礎編動画、実はあまり世に出ておりませんので、実は貴重な機会ということになります。

そして翌週の12日には、実際にtsucomシステムを使って私がツッコム、皆さんツッコまれる、という無料体験もあります。皆様の読影力をブラッシュアップするチャンスです!

いずれのイベントも、もちろん無料ですが申し込みが必要ですので、以下のリンク先からご登録ください。お待ちしております〜〜。

305263228_559225989314987_7012792018151491724_n.png

トップページへ

posted by 長尾大志 at 18:23 | Comment(0) | 活動報告

2022年10月01日

10月5日、tsucom Liveで胸部X線写真読影の基礎を学びましょう!

先日少し告知といいますか、ご案内をしたのですが、コロナ禍となって「時間や空間を超えて」Zoomや収録等によってつながり、例えば研修医の先生の指導なども「時間や空間を超えて」出来るような技術が実際に適用できるようになってまいりました。

まず第一段階として、例えばレクチャーをする、それに対して視聴されている先生と双方向にやり取りをする。研修の一部をこういった形で行うということはどんどん普及してきています。

そんな中私なぞは、例えば他施設の臨床研修センター様などから、胸部X線のレクチャーを依頼いただいたりすることが結構あるのですが、なかなか受講されている研修医の先生方にマンツーマンで直接お教えする、先生方の所見を添削する、というところまではできていませんでした。

研修医の先生方にとっても、多数の視聴者が同時にいる中で「質問をしたり所見を述べたり」ということは、おそらくちょっとハードルが高いのではないかな、と思ったりもしていました。

そんな中でtsucomさんという、若いドクターが主催されているベンチャーさんのシステムをお借りすることで、もっと個人個人の胸部X線読影のスキルをあげるお手伝いができるようになりましたので、この度ご紹介させていただきたいと思います。

まずは10月5日、tsucom Liveで胸部X線写真読影の基礎を学びましょう!

305263228_559225989314987_7012792018151491724_n.png

トップページへ

posted by 長尾大志 at 19:16 | Comment(0) | 活動報告