2015年05月06日

滋賀医科大学呼吸器内科の紹介2

メンバーのうち女性医師は3名おり、1名は2度の産休明けで2人の子育て中、フレックス勤務を行っています。呼吸器内科は忙しいし休めないのでは?と思われるかも知れませんが、無理のない範囲で頑張っておられます。男女共同参画推進室等の尽力で、学内には保育所もあり、フレックス勤務ももちろん、きちんとした制度があります。


出産・育児など、ブランクがあって勉強をし直したい、という女性医師の方が、臨床のOS(オペレーティングシステム、基本ソフトウエア=基本的な考え方)を再インストールしたい、ということで来て頂いてもいいですね。診断、診療のスキルや胸部画像読影など、無理なくかつずっと使える知識をしっかり身につけて頂くことが出来ます。


私も滋賀県に来る前、滋賀県のことをあまり知らず、来てみて初めて「住みやすさ」「子育てのしやすさ」を実感したのですが、子育て中の方には滋賀住みがお勧めですね。


研究面では中野科長のライフワークでもある「CTデータの解析によるCOPDの研究」を中心に、COPDのコホート研究、間質性肺炎の画像解析、動物実験による薬剤の効果に関する研究などを、ベトナムのホーチミン医科薬科大学や、国内での複数の大学とのコラボなども含めて行っています。

トップページへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。