2016年05月28日

某社さんでのお話、アンケート結果

先日某社さんでやらせていただいたアンダーグラウンド?活動、アンケートを頂きました。


アンダーグラウンドと言っても、決して昨今問題になっているような(汗)類のものではなく、社内勉強会なので特に公にオープンなものではない、誰でも参加できるものではない、ということです。


また、他社の方に「どういう内容であったか」を開示するのも、ちょっと問題があるかなと思いますので、そういう意味でも内容については勘弁いただきたいということです。


そういうわけで一部ではありますが、ご感想をご紹介します。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


・事前質問を含めMRの質問に丁寧に且つ答えにくい内容の質問も答えて頂き理解を深めることが出来ました。誠にありがとうございました。

・先日はご多用中の中、貴重なお話をしていただき誠にありがとうございました。これまで多くの先生方からの講議を受けてまいりましたが、これほどまで積極的に参加できた講義は初めてでした。アクティブラーニングを行っていただいたお陰で、普段は質問することができない日々の活動の悩み等を質問させていただくことができました。
また普段きくことができない他のメンバーの悩み、疑問も知ることができたので、非常に貴重な時間でした。ありがとうございました。

・会の中で質問させて頂き、疑問に思っていた点をクリアにして戴き有難うございました。

・アクティブラーニングのパートでは、呼吸器の専門の先生に自身の抱える疑問点などをぶつける事ができ、大変参考になりました。こういった勉強会の中では病態の基礎の部分を省く事は難しいと思いますが、アクティブラーニングのパートのウェイトをもっと多く取って頂きたかった。と感じました。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


差し障りのある部分を省くと、ずいぶん減ってしまいましたが、やはりアクティブ・ラーニングはただ話を聞くよりも、ご自分で考える分、その後の行動変容につながるような印象です。上のご感想以外にも多くのポジティブなご感想を頂きました。


某社MRの皆さん方には、このたび考えられたことを是非これからの営業活動に活かしていただきたいと思います。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 17:52 | Comment(5) | 活動報告
この記事へのコメント
はじめまして。
4か月の娘のことでお聞きしたいことがあります。
先天性心疾患があり手術をしました。
その際に、レントゲン、造影CTをとりましたところ、左肺低形成、左肋骨低形成があります。右と比べて肋骨の本数は一緒で癒合はなさそうですがやはり左上の肋骨が押し潰れたように細くなっています。
寝ている時や、脇を抱えて抱っこした時に、まっすぐではなく、S字状に曲がります。
ただ、レントゲンやCTでは脊椎はまっすぐしています。
今後、どうなっていくのでしょうか?不安で仕方ありません。呼吸が出来なくなって窒息などあり得るのでしょうか?側弯になるのでしょうか?
Posted by あいろ at 2016年05月29日 00:34
大変ご心配のことと存じます。
ただ、患者さんを診てもいない第三者、しかも小児科医でもない者が無責任にいろいろ言うと、主治医の先生がお困りになることが多いので、主治医の先生にしっかりと相談されることをお勧めします。
主治医の先生がよくわからないということであれば、きちんとご紹介を経て信頼出来る先生にご相談頂くのがいいでしょう。
Posted by 長尾 大志 at 2016年05月31日 11:11
ありがとうございます。
イチ意見として参考程度にお話お聞きすることはできませんでしょうか?
よろしくお願いします。
Posted by あいろ at 2016年05月31日 20:43
一応、専門家として発信をしていて、毎日数千人の方がご覧になっている媒体なので、患者さんを診ずに軽々しくいい加減なことは言えません。
上にも書いております理由もあり、このブログでは患者さんからのご相談には一律、お答えしておりません。ご理解のほどお願い申し上げます。
Posted by 長尾 大志 at 2016年06月01日 18:13
大変失礼致しました。お忙しい中、お返事いただき
ありがとうございました。
Posted by あいろ at 2016年06月04日 10:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。