2017年07月22日

アドバンスコース

例年、6月中旬から7月の終わりまで、通常の5年生に加えて6年生が加わる、臨床実習のアドバンスコース、なるものが行われます。5年生5〜6名+6年生が6名やってくるこの時期は、毎年頭が痛い思いをしています。


というのも、相手する人数が増える、という、物理的に体力が削られる以上に、6年生のモチベーションが大変ヘテロなのです。やる気、興味がある人とない人の差が甚だしい。本来このアドバンスコースというものは、学生が希望する科を選んでその中から抽選、という形で決まっているはずなのですが、毎年どう考えても呼吸器に興味がない人がたくさん来ている。過半数のことも多いのです。


抽選のシステムがおかしいのか、とも思ったら、どうやらこの時期は、他病院の見学や試験や面接やらに時間を使う、それであまり拘束の少ないところに人気が集中している、と聞いたことがあります。やる気のない人が多いと、こちらとしてもやる気がなくなり、時間を使わなくなり、さらにやる気のない人が集まる…という悪循環になっている気が。


一昔前は、抽選ではなくこちらが学生さんを選ぶ制度で、その時はやる気のある人が集まって、この時期は大変こちらもモチベーションが上がったものでした。昔はよかった…と懐古するか、何か方策を練るか。


一番いいのはがちがちに拘束して、モチベーションの低い人を排除する、ということになります。しかしなぜか現状だと最低でも6人はやってくるというシステムで、拘束するにも労力がかかります。余所ではどのようにやっておられるのか、クリクラワーキングの時にでも相談してみたいものだと思っております。


物理的のみならず精神的に疲れるこの時期も、あと1週間。毎年この時期はぼやいている気がしますが…。今年はこれまでいろいろやりがいのある仕事を並行してやっていたこともあり、疲れを感じておりませんでしたが、終盤に来てなにやらガス欠感がでて参りました…。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 23:25 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。