2017年08月03日

症例検討会BRONCHO15−5

見てきたように断定出来るのは、リンパの流れを理解しているからこそです。肺において、肺野を掃除して集まってくるリンパの流れは、胸膜のあたりから、およそ放射状に肺門に向かって集まる、といわれています。


スライド61.JPG


普段は掃除をしているリンパの流れながら、ひとたび肺癌ができてしまうと、その流れに癌細胞を載せて運んでしまうことになるのです。ですから、リンパ節転移が起こる順番も、この流れで考えますと…


肺野の結節⇒肺門リンパ節⇒気管分岐部リンパ節⇒気管傍リンパ節(縦隔リンパ節)の順番になる、ということですね。


その考え方で本症例を振り返ると…


スライド62.JPG


の、順番で、転移してきたかな、とわかるわけです。てことで、感想戦、大事ですよ〜。


症例検討会BRONCHO

トップページへ

posted by 長尾大志 at 18:47 | Comment(0) | 症例検討会BRONCHO
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。