2017年10月05日

症例検討会BRONCHO20−9

ステロイドを長期間使用すると…


  • 副腎機能抑制・不全

  • 高脂血症・中心性肥満・内臓脂肪沈着

  • 骨粗鬆症

  • 筋力低下・ステロイドミオパチー

  • 白内障・緑内障



このあたりを想定しておく必要があるでしょう。うち、骨粗鬆症に対してビスホスホネート、あたりは予防として使われていることが多いようですが、それ以外のものの予防はなかなか難しいのが現状です。



さて、本症例、その後もPSLを2週間に5mgのペースで減量し、症状、陰影も落ち着いてきておりました。


スライド80.JPG


25mgまで減量して以降、次第に黄色痰が出現、労作時呼吸困難も増悪してきました。PSL開始後8週間目に撮影した胸部X線写真にて、下のような変化が見られました。


スライド81.JPG



Q:何が起こったと考えられるでしょうか?



症例検討会BRONCHO

トップページへ

posted by 長尾大志 at 17:34 | Comment(0) | 症例検討会BRONCHO
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。