2017年10月13日

症例検討会BRONCHO21−1

さてこれまでは少々込み入った疾患たちを見て頂きましたが、このあたりで、いくつか基本的・典型的な症例検討、を見て頂きましょう。基本的な診断〜治療の流れを追体験して頂くためです。



症例 70歳代 男性


<主訴>
右側腹部痛 軽度食思不振


<現病歴>
2週間前より労作時呼吸困難、動悸が出現し近医受診。その際胸部X線写真にて異常影を認め、精査加療目的に当科紹介受診となった。


【入院時内服薬】
レスリン錠25r 1 錠
マグミット錠330r 3 錠


<既往歴>
特記事項なし


【家族歴】
兄:胃癌


【生活歴】
喫煙:20-71歳 30本/day×51年(2014年6月から禁煙)
飲酒:なし
職歴:建築業
粉塵暴露:なし


<アレルギー>
特記事項なし


う〜ん、これだけでは何ともかんとも。診察まで進みましょう。


<入院時身体所見>
PS:1 ADL:自立

体温36.5℃ 血圧114/63mmHg 脈拍72bpm 呼吸数12回/min
SpO2:94%(room air) 

眼瞼結膜 貧血なし
眼球結膜黄染なし
頚部リンパ節触知せず
腋窩リンパ節触知せず
心音 整 雑音聴取せず
肺音 右下肺 呼吸音減弱 

打診 右下肺 濁音 
声音振盪 右肺減弱
右側腹部 圧痛・叩打痛なし 自発痛あり
腹部 平坦 軟 腸蠕動音→
四肢 下腿浮腫、冷感なし



Q:この時点での鑑別診断は?次に行うべき検査は?


症例検討会BRONCHO

トップページへ

posted by 長尾大志 at 18:20 | Comment(0) | 症例検討会BRONCHO
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。