2017年11月10日

症例検討会BRONCHO23−1

症例 80歳代男性


<主訴>
発熱、呼吸困難、全身倦怠感


<現病歴>
以前より近医通院中、多数服薬中であった。
本日15時頃より呼吸困難、全身倦怠感を自覚し始め、体温を測ったところ37.5℃であった。明らかなsick contact なし、上気道症状なし、悪寒軽度、戦慄なし。
自宅で様子を見ていたが、体温40℃まで上昇し、呼吸困難、倦怠感が増強するため、21時過ぎに家人にて救急要請。
救急隊接触時SpO2 55 %(room air)と著明な低酸素を認めた。
21時28分に当院救急到着時、SpO2 92 %(シンプルマスク O2 5L/min)、RR 32回/分、精査加療目的に当科即日入院となった。


<内服薬>
ラシックス錠40r 0.5 錠
フェブリク錠20mg 0.5 錠
ジャヌビア錠50mg 
タケプロンOD錠15mg 1錠
リリカカプセル75mg 2カプセル 
クラリシッド錠200mg 2錠
プロマック75mg 2錠
クレストール錠2.5mg 1錠
デパス0.25mg 1錠 分1
オパルモン5μg 3錠
他に吸入薬も処方されていたとのこと(持参なし)


<既往歴>
50歳 後縦靱帯骨化症
60歳 胆嚢炎
73歳 大動脈瘤手術
74歳 腰部脊柱管狭窄症手術

他に発症時期不明のCKD


<生活歴>
喫煙:40本/日(20-60歳)60歳以降禁煙
飲酒:機会飲酒
職業歴:元運転手
粉塵暴露歴:特記なし
鳥類接触歴:特記なし(羽毛布団使用/ダウンジャケットなし、鶏糞使用なし)
住居:築38年、木造、カビ・埃なし
最近の温泉利用:なし
近年の海外渡航:なし

その他:要介護2、杖歩行 
    bADL 自立(本人談)

同居:息子夫婦、孫と5人暮らし


<家族歴>
肺疾患の家族歴なし 


<アレルギー>
特記なし



Q:確認したいことは?現段階での鑑別診断は?


症例検討会BRONCHO

トップページへ

posted by 長尾大志 at 17:39 | Comment(0) | 症例検討会BRONCHO
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。