2018年01月02日

カンファレンスでは「とりあえず何か言って!」D空気次第では「ボケ」もあり?責任は持てません。うちに来てやってね。

カンファレンスでは「とりあえず何か言って!」ということなのですが、何を言ったらいいのかわからないし、一度ボケてみよう、と考える勇者も、ひょっとしたらおられるかもしれませんね。


確かに、空気次第では「ボケ」もあり、かもしれません。


注意点としては、いきなり初っ端の発言がボケでは、「なにそれ」となりがちですので、ある程度発言して、信頼関係ができてからのボケが勧められます。もちろん、上級医の半数以上が笑いに寛容であること、できればトップがそうであることが望ましいでしょう。


それから、ボケは多発してはいけません。それではただの空気読めない人です(「またか…」と思われたら終わり)。普段まあまあ真面目にやっている人が、ちょっと難しいんじゃないの…?という問いかけに、ちょっとすっとぼけた答えを返す、というのが理想かと。


あ、ボケた結果居心地が悪くなっても、責任は持てませんからご注意ください。自己責任でよろしくお願いいたします。


症例検討会BRONCHO

トップページへ

posted by 長尾大志 at 18:19 | Comment(0) | 症例検討会BRONCHO
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。