2019年05月17日

ようこそ令和・胸部X線読影道場ふたたび13

昨日の続きです。数週間後にはこうなっていました。

スライド66.JPG

昨日の写真とあわせて、所見を考えましょう。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 17:20 | Comment(2) | 胸部X線道場
この記事へのコメント
お世話になっております。

右下肺野で透過性がほぼ消失しており横隔膜の挙上が見られます。無気肺の進行を考えます。中下葉が虚脱しているのでしょうか。
Posted by kei at 2019年05月17日 18:21
いつもありがとうございます。本日もよろしくお願いします。

1、右横隔膜上側一面に浸潤影が有り、右肋骨横隔膜角は鈍です。右第2弓にも接して浸潤影が有り、シルエットサイン陽性です。右中下葉の閉塞性無気肺と腫瘍を考えます。
2、左第6肋間にハートマークの血管陰影が有ります。

数週間前の所見と合わせて、右S10無気肺→右中下葉無気肺と進行した症例
Posted by シロクマ at 2020年05月22日 17:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。