2019年07月31日

胸部X線読影道場ふたたび62

それでは今回の画像です。

スライド33.JPG

「異常がある」ことはおわかり頂けるかと思いますが、ハテサテこれをどのように表現しましょうか…??

トップページへ

posted by 長尾大志 at 16:31 | Comment(5) | 胸部X線道場
この記事へのコメント
お世話になっております。

立位の撮影ではなさそうに思います。
心拡大がありそうですが、撮影条件の影響もあるかもしれません。

両側中下肺野に浸潤影〜一部すりガラス影を認めます。横隔膜や心陰影との境界が一部不鮮明で中葉や舌区に病変がある可能性がありますが、背側側(下葉)の病変も否定はできません。
陰影は一部末梢がスペアされているようにも見えますか、、

右上葉にも一部斑状影を認めます。
Posted by kei at 2019年08月01日 10:57
お世話になっております。
横隔膜裏や心陰影〜胃泡の裏側にも陰影がありますので、やはり下葉にも病変が疑われます。
Posted by kei at 2019年08月01日 14:30
いつもコメントありがとうございます!さすがのご推察です!!
Posted by 長尾大志 at 2019年08月02日 15:39
以前からやさしイイ呼吸器教室のブログは気になっておりました。見ているだけより、所見を記入した方がより勉強になると思い初めて参加させていただきます。

胃泡が横隔膜に接して見られますので座位の画像です。

心拡大が見られ、両側下肺野にすりガラス影を認めます。
肺容量は両側とも減少ぎみで、胸膜肥厚もあるでしょうか?

両側上肺野の血管影も目立ちます。

ベースに間質性肺炎のある患者の肺水腫(心不全)を考えたいと思います。
Posted by ken at 2019年08月05日 14:07
コメントありがとうございます。間質性肺炎+肺水腫、所見の読影としては、正解と申し上げてよろしいかと思います。
Posted by 長尾大志 at 2019年08月05日 15:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。