2019年08月02日

胸部X線読影道場ふたたび64

平和そう、とはいえ、両側下肺野にはモワモワッとした高吸収域があるようです。

それが10年の経過で、徐々に悪化してきました。こちらが半年前の写真です。

スライド35.JPG

両側下肺野の高吸収域ですから、「間質性肺炎」といいたくなるところですが、何となくですが、それにはちょっと合わないような気もします。それはどんな点でしょうか…?

トップページへ

posted by 長尾大志 at 16:07 | Comment(2) | 胸部X線道場
この記事へのコメント
お世話になっております。

右優位に両側下肺野に浸潤影〜透過性低下を認めます。

透過性低下は皮膚軟部影の影響もあるかもしれませんが、胸水など水成分もあるのでしょうか。
右上肺野もきれいではない印象ですが、、
Posted by kei at 2019年08月05日 09:21
コメントありがとうございます。ご指摘通り、単純な間質性肺炎などとは異なる印象ですね。
Posted by 長尾大志 at 2019年08月05日 14:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。