2021年06月11日

胸部X線写真・側面像の見かた16・実例10

パッと見から、とっても特徴的な側面像ですね。ずいぶん前後方向に膨らんでいて、横隔膜が平ら……COPD過膨張あり、って感じです。正面像でもよくわかりますね。

スライド46.JPG

あと、見どころは胸椎の圧迫骨折でしょうか、楔形になっていて、そのために亀背になっているようです。COPDでは骨塩の低下も見られ、予後不良因子でありますことも併せて覚えておかれるといいでしょう。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 13:40 | Comment(0) | 胸部X線道場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。