2021年10月13日

胸部X線読影道場ふたたび622

今回はなんだか全体的にぼやけていて、よくわからんな……と思われた方も多いかもしれません。

でも、その感覚が正解です。

両側びまん性(上肺野<下肺野)にすりガラス様の高吸収域と網状影が見られます。分布は胸膜直下にも見えますが、ちょっと単純X線写真はわかりづらい。

ということでCTを。

スライド481.JPG

胸膜直下にも病変が認められますが、気管支血管側周囲の病変も目立ちますね。すりガラスというよりは網状影主体のようです。パラパラと粒状影も見られます。

こちらはRAに合併した肺病変で、間質性肺疾患や細気管支炎が存在すると考えられました。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 08:11 | Comment(0) | 胸部X線道場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。