2022年02月20日

喘息・COPDの急性期管理について 島根大学総合診療医センター ビデオオンデマンド

『総合診療医センター』ビデオオンデマンド、どんどんup中です!

今回は、以前upした『喘息・COPDの診断/慢性期管理について』の続編、といいますか、こちらが続編といいますか、続き物ビデオでございます。

大体地域の外来では、「元々診断がきちんとついていない」方が「とにかく急性に悪化して来院」することが多いわけで、その場合には「喘息の増悪期」なのか「COPDの増悪期」なのか分からないことも多い。そんなときの考え方をご紹介します。で、診断が付いたら慢性期=安定期治療に入ります。

https://shimanegp.com/1204/

トップページへ

posted by 長尾大志 at 16:49 | Comment(0) | 動画置き場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。