2011年04月25日

縦隔の所見

縦隔を見るときに、ボーッと見ていては所見を見逃します。
各種の線を追いかけていきましょう。

こちらを見て下さい。


tracr1.jpg


わかりにくいかもしれませんが、このあたり。


tracr2.JPG


気管が追いにくい、無くなっているようにも見えます。

CTで見ると…


tracct1.jpg


3Dだと、こうなります。


trac3d.jpg


気管狭窄ですね。こういう所見もレントゲンで捉えることができるのです。
レントゲンに含まれているたくさんの情報を、最大限利用したいものですね。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 13:14 | Comment(0) | 胸部X線写真で、ここまでわかる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。