2011年06月22日

胸部レントゲン写真で、ここまでわかる1

CT全盛の昨今、胸部レントゲン写真の意義は少なく見積もられがちではありますが…。
例えば診療所であったりして、CTはすぐに撮れない、という環境もあるわけです。

また、CTにも弱点があります。
例えば肺の大きさ。

volume lossや反対に過膨張などの所見は、圧倒的に胸部正面写真がわかりやすいですね。


というわけで、胸部レントゲン写真で、ここまでわかるか!というところを何回かに分けて、見て参りましょう。



胸部レントゲンの見方、系統的な見方はポリクリやアドバンスでかなり繰り返していますので改めては書きませんが、大事なポイントをおさらいしておきましょう。


@骨軟部影の所見を見逃さない
以前にあったような所見にも注意します。本当に多くの情報が骨軟部影に隠されています。



Aシルエット・サインを使う
陰影があったときに、果たしてその陰影はどこにあるのか。
上、中、下肺野のどこにあるかとともに、シルエット・サインをうまく使うことでどのセグメント(1〜10に分かれている、例のやつ)を絞り込むことができます。



B正面像で見えるリンパ節
傍気管線、A-P window、気管分岐部は必ずチェックしましょう。



C縦隔や横隔膜の動きを見る
これらの動きから、肺容量の増減がわかります。


しばらく、これらのポイントに着目して症例を見ていきましょう。


胸部レントゲン写真で、ここまでわかるを最初から読む

トップページへ

posted by 長尾大志 at 16:28 | Comment(0) | 胸部X線写真で、ここまでわかる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。