2011年12月23日

初心者向け、スライドの作り方

学会発表や学生さんの発表を見ていて思ったことです。

たとえば、スライドにCTRXと書くとします。このときにCTRXだけ書いていると、いざ発表、しゃべる時にCTRX?なんだったっけ??う、原稿原稿、となり、ますますあがってしまうのです。


学会発表初心者の場合、おすすめは次の2つ。


  • 完璧な読み原稿を作り、それをひたすら読む

  • スライドに略号だけでなく、フルスペル、読みを併記する



どうにも自信がない、緊張すると頭が真っ白になる、そういう方の場合、完璧な読み原稿を作り、それをひたすら読むのがおすすめです。


まあ、見ている方からすると、棒読み丸わかりなので、少し格好つけたい場合は、スライドに多くの情報を盛り込み、それを見ながらしゃべる、ということになるのですが…。


このときにCTRXだけ書いていると、いざ発表、しゃべる時にCTRX?セフなんだったっけ??となるため、CTRX(セフトリアキソン)みたいな感じでフルスペルも書いておくと良いでしょう。

なお、何度もこれをすると少々ウザいので、普通は初出の時だけにしますが、初心者であればまあ許容範囲ではないでしょうか。

トップページへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。