2012年07月31日

胸部CT道場1・CTの各種条件(肺野条件、縦隔条件など)

以前から書こう書こうと思っていて、書いていなかったような気がする、CTの条件について取り上げます。


初学者の方がCTの結果を見て思うのが、「なんか同じ様なのが何種類もあるんじゃないの?どう違うの?どれを見ればいいの?」ということでしょう。


パッと見白っぽかったり、黒っぽかったり、黒っぽいのも何種類かあったりすると、もう混乱してしまい、それだけでイヤになるかもしれませんので、イヤにならないよう、解説したいと思います。



まずパッと見の色合い(白っぽいか、黒っぽいか)は、「条件」と言います。
この「条件」とは、撮影、というよりも現像?にあたっての条件(最近はフィルムレスなので、画像の出力条件、とでも言いましょうか)で、よりどの部分に焦点を当てるか、どの構造物を見やすくするか、という観点から、何種類かの条件があるわけです。



まあ、肺のCTを撮る場合には、「肺野条件」と「縦隔条件」が代表的です。
最も普通に見られるのは、「肺野条件」。


全体的に白っぽく、胸部レントゲン写真に近い雰囲気を持っています。まさに肺野をしっかり見るための条件です。というか、この条件は肺野という、密度0.1g/cm3のとても軽い物体に焦点を当てているため、密度が1g/cm3前後の軟部組織や骨を見るには役に立ちません…。


CT肺野条件.jpg


すりガラス影、線状影など、肺野にある陰影がきちんと見えますね。この条件では肺野だけを見ていきましょう。



次に、骨、軟部陰影を見るための条件が「縦隔条件」。


もちろん縦隔内の構造物もよく見えますが、縦隔だけでなく肺野の外にある、骨、筋肉、脂肪、石灰化など、肺に比べて随分高い密度の構造物(1g/cm3前後)を区別するための条件なのです。


CT縦隔条件.jpg


全体的に黒っぽく見え、肺野は何のことやらわかりません。それが正解。肺野以外の骨、筋肉、脂肪の違いはおわかりでしょうか。明日以降説明します。


胸部CT道場に入門する

トップページへ

posted by 長尾大志 at 18:18 | Comment(0) | 胸部CT道場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。