2013年06月12日

胸部CT道場16・飛び飛びに白くなる陰影12・粒状影のいろいろ11・小葉中心性粒状影を来す疾患の鑑別1・肺結核

肺結核の画像所見は、空洞を形成する結節影、腫瘤影が有名ですが、実は非常に多彩な所見を呈することが知られていて、「画像だけでは結核を否定できない」とまで言われています。


とはいえ、よく見かける二次結核で、典型的な所見というものはあり、HRCTを使うことでかなりそのあたりの理解も進んでいますので、典型像に触れておきましょう。


主病巣として空洞を形成する結節影・腫瘤影〜浸潤影、そしてその周囲に小葉中心性の粒状影、tree-in-bud所見などが見られます。


いずれも気管支〜細気管支に存在する病変(乾酪壊死を伴う肉芽腫、滲出性病変など)を反映します。壊死した物質が気管支から流れ出すと空洞を形成しますから、空洞の存在は気管支関連の病変であること、病変部に壊死があることを表すのでしたね(既出です)。


その主病変から菌が排出される過程で他の部位に再吸入されると、細気管支に「散布」されるようになります。散布された病巣は細気管支〜肺胞道内に乾酪物質を充満させてパンパンに張り、細気管支の可視化=tree-in-budが起こります。


8tree-in-bud.JPG


そんなわけで、大きめの主病変+その周囲(もしくは他の葉)に広がる散布巣=小葉中心性粒状影、という所見が見られるわけです。


25主病巣から排出される菌が.jpg


26再吸入されてばらまかれる.jpg


27主病巣と、散布巣(小葉中心性粒状影).jpg


ちなみに、粟粒結核は全く異なる機序ですから、全く異なる陰影になります。あれは血流に乗ってばらまかれた先で肉芽腫病変を作っておりますので、粒の大きさも、形も異なりますし、気管支の陰影も見られません。詳しくはまた項を改めて、説明したいと思います。


胸部CT道場に入門する

トップページへ

posted by 長尾大志 at 18:29 | Comment(0) | 胸部CT道場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。