2013年06月13日

胸部CT道場17・飛び飛びに白くなる陰影13・粒状影のいろいろ12・小葉中心性粒状影を来す疾患の鑑別2・肺非結核性抗酸菌症(MAC症)

肺非結核性抗酸菌症も、肺結核と基本的には機序が似ているので、陰影の基本は同じです。乾酪壊死を伴う肉芽腫、細気管支への乾酪物質充満…。それ以外の所見に、特色があると言えばあります。


一口に肺非結核性抗酸菌症といっても、菌の種類はたくさんありまして、各々微妙な違いもあるのですが、ここでは症例の大多数を占めるMycobacterium avium complex(MAC)症とMycobacterium kansasii症を取り上げましょう。


まずMAC症。分類として中葉舌区型(結節・気管支拡張型)と結核類似型(空洞・破壊型)とに分けられます。


  • 中葉舌区型
    中葉・舌区中心に、気管支拡張(tram line、これも改めて説明する必要がありますね( ̄▽ ̄;))〜細気管支病変を反映した小葉中心性粒状影、tree-in-bud所見を認めます。しばしば陰影は融合して浸潤影を形成します。


    28中葉舌区型MAC症.jpg


    29中葉舌区型MAC症.jpg


  • 結核類似型
    結核に似た、空洞を伴う結節+小葉中心性粒状影を呈するパターンです。


    30結核類似型MAC症.jpg


    31結核類似型MAC症.jpg




特にMAC症で特徴的に見られる像として、天理よろづ相談所病院の田中先生に教えて頂いたのが、胸膜直下の結節の集合体〜所属する気管支の拡張と胸膜の肥厚像


菌を吸引して胸膜直下に出来た病変が、胸膜に沿ってべったりと拡がり、かつ気管支に沿って中枢方向に進展していくことで出来る陰影です。確かにMACの時、よく見かけるんですね。


32胸膜直下に吸引された初期病変が.jpg


33胸膜、気道に沿って進展.jpg


胸部CT道場に入門する

トップページへ

posted by 長尾大志 at 16:56 | Comment(0) | 胸部CT道場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。