2013年07月02日

胸部CT道場29・飛び飛びに白くなる陰影25・粒状影のいろいろ24・小葉中心性粒状影を来す疾患の鑑別14・細気管支肺胞上皮癌(bronchioloalveolar carcinoma:BAC)6・BACまとめ

いい加減皆さん飽き飽きされていると思われますので、そろそろまとめに入りましょう。


粘液産生性BACがある程度進行してくると、


  • 病変の軽度な部分は小葉中心性粒状影

  • 病変が拡がっている部分ではair bronchogramやCT-angiogram signを伴う浸潤影



を呈してくるのです。さあさあ、これまでのところをしっかり読んで頂いていると、「おー」と思われるのではないでしょうか。思われませんか…。( ̄ー ̄)



だって、小葉中心性粒状影は、細気管支の病変を表し、
浸潤影は、肺胞の病変を表すんでしたよね。


細気管支肺胞上皮癌は、その名の通り、細気管支と肺胞上皮、両方を侵す病変を作るため、両方の所見が見られるという、独特の陰影を呈する訳です。


これまでに挙げた疾患は、いずれも細気管支なら細気管支、肺胞なら肺胞と侵される場所がある程度区別でき、そのために陰影に特徴があって鑑別可能となっていたわけですが、ある意味ちょっと掟破りな感じなのです。


逆にそれゆえに、

  • 病変の軽度な部分でみられる小葉中心性粒状影と、

  • 病変が拡がっている部分でみられるair bronchogramやCT-angiogram signを伴う浸潤影が併存している場合、


粘液産生性BACが疑われる、ということになるのです。


58小葉中心性粒状影と浸潤影の共存.jpg


59CT angiogram signとair  bronchogram.jpg


画像所見だけで言うと、抗酸菌症や気管支肺炎でも同様の陰影をとりうるのですが、BACほど広範な浸潤影をとることは少なく、さらにここに症状という情報が加わると、かなり診断に近づきます。


抗酸菌症や気管支肺炎では急性、慢性の差はあれど発熱や倦怠感などの感染症状があるのに対し、粘液産生性BACでは粘液産生に起因する咳、痰はあるもののそういった感染症状に乏しい、というのは有力な情報ですね。


胸部CT道場に入門する

トップページへ

posted by 長尾大志 at 18:23 | Comment(0) | 胸部CT道場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。