2013年07月16日

胸部CT道場34・飛び飛びに白くなる陰影30・結節影・腫瘤影

さてCTに話を戻します。粒状影がようやく片付き、飛び飛びの陰影は結節・腫瘤を残すのみとなりました。大きさで分ける定義を思い出しますと、


  • 粒状影 径5mm以下

  • 結節影 径5mm-3cm

  • 腫瘤影 径3cm以上



となっています。


粒状影はこれまで学んできたように、細気管支やリンパ路に代表される管状構造物内に病変が出来ることで生じる陰影です。従って、基本的には大きさに限りがあるハズなのです。


それがある程度の大きさを超えて発育する、結節影や腫瘤影ともなりますと、そういう構造物を越えて、あるいは破壊して大きくなっている、ということになりますから、基本、破壊性のある腫瘍性病変が考えやすいですね。


この分け方は主に真っ白な、いかにもカタマリ、という陰影についての分類ですが、一方、最近はCT健診も増えており、せいぜい粒状影〜結節影程度の大きさの限局したすりガラス影が発見されることも増えています。


限局したすりガラス影は、特にGGO(ground-glass opacity)、と呼ばれたりして、いわゆるびまん性に拡がるすりガラス影(≒間質性肺炎)ではない、腫瘍性病変を表す所見として扱われています。


いずれにしても、限局した病変がある程度以上の大きさになる、ということは腫瘤を形成するということであり、良性か悪性かの鑑別が重要、ということになります。


胸部CT道場に入門する

トップページへ

posted by 長尾大志 at 20:21 | Comment(0) | 胸部CT道場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。