2013年07月18日

胸部CT道場36・飛び飛びに白くなる陰影32・結節影・腫瘤影3・悪性を示唆する所見2・分葉状・ノッチサイン(notching)・切れ込み

悪性を示唆する所見としてもう一つ触れておきたいのはノッチ(分葉、切れ込み、notching)です。腫瘤の辺縁が凸凹、特にポコンと凹んでいるもの、凹んでいるところを言います(図の赤矢印)。


65ノッチ.jpg


機序としては、癌の不均等な発育によって腫瘤の辺縁にみられる凸凹、と説明されます。癌の起源は1個の細胞でも、遺伝子が不安定であり、細胞分裂を繰り返すうちにどんどん突然変異を起こしてきて、結果きわめて不均一な細胞集団になっています。そのため、部分部分で増殖速度が異なり、凸凹になってくるのです。


また、ノッチの凹んでいる部分にちょうど血管や気管支といった構造物が観察されることがあります。そういう構造物はさすがに癌の進展を多少堰き止めているのでしょう。


ノッチが見られるのは原発性肺癌(特に扁平上皮癌や小細胞肺癌)、またはある程度の大きさになった転移性肺腫瘍でよく見られます。


胸部CT道場に入門する

トップページへ

posted by 長尾大志 at 17:40 | Comment(0) | 胸部CT道場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。