2013年07月26日

胸部CT道場39・飛び飛びに白くなる陰影35・限局性すりガラス影2・径が5mm未満のもの

限局性すりガラス影で径が5mm未満のもの。


この大きさですと、先に述べたような辺縁の感じや、随伴所見などはよくわかりません。そのため、そういう所見から良性、悪性を鑑別することは困難になります。


また、この大きさのものには多くの炎症性、良性病変が含まれます。仮に悪性であっても、すりガラス影を呈するのは細気管支肺胞上皮癌が多く、急速に増大したりStageが変わったりすることはほぼないと考えられています。


従って、限局性すりガラス影で径が5mm未満のものは、半年〜1年後に経過観察CT、とされることが多いようです。それで消えればよし、そのままであれば引き続き経過観察、といったところですね。


胸部CT道場に入門する

トップページへ

posted by 長尾大志 at 18:12 | Comment(0) | 胸部CT道場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。