2013年08月27日

胸部CT道場42・白と黒が混在する陰影・気管支拡張像1・気管支拡張症とは

また戻って参りました、CT道場。でももうそろそろ終わりです。多分。


黒くなる、あるいは白くなる、とコトは単純にいかない病態があります。これまでに空洞蜂巣肺などを紹介してきましたが、あと少し。


気管支拡張症。気管支が拡張する疾患です。なぜ気管支が拡張するのか。


気管支壁が感染などで破壊され、修復の過程で拡張するのです。原因となる疾患としては幼少期の細菌性肺炎や麻疹、百日咳などが知られていますが、最近は小児にも手当たり次第に抗菌薬を使われるので、そういった例は少なくなっているようです。成人では慢性炎症、特に肉芽腫を作る抗酸菌感染や、アレルギー性気管支肺アスペルギルス症(ABPA)などによって生じます。かつては結核菌によるものが多かったのですが、最近では非結核性抗酸菌による慢性感染が原因となることが多いようです。


それ以外にも先天性に気管支が脆弱であったり、線維化によって気道壁が破壊されたり、という原因もあります。幼少期は粘膜が未熟で弱いために急性の炎症でも気道壁が破壊されます。


成人での抗酸菌感染症で説明されているメカニズムでは、慢性の炎症を反映して、まず粘膜が肥厚してきます(壁肥厚)。で、そういう慢性感染症のうち肉芽腫を作るもの(これがやはり抗酸菌感染が多い)が、気管支粘膜のウラ(粘膜直下)に肉芽腫を作ってきます。その肉芽腫が、粘膜周囲の平滑筋や気管支軟骨を破壊すると言われています。


1気管支が拡張するメカニズム.JPG


気管支の構造が破壊され、それが修復される過程で気管支壁がビロンビロンに拡がる、というかゆるんでくる。それで気管支の径が拡張してくるのです。


2気管支が拡張するメカニズム2.JPG


壁の肥厚と径の拡張によって、普段は見えない、または見えにくい気管支(の壁)が可視化してきて、よく見えるようになってくるのが気管支拡張症の画像所見です。


胸部CT道場に入門する

トップページへ

posted by 長尾大志 at 16:45 | Comment(0) | 胸部CT道場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。