2013年08月31日

活動報告・告知3件・呼吸器スキルアップセミナー in OSAKA 2013他

引き続き、いろいろと講演のお話をいただいています。告知させていただきます。


■呼吸器スキルアップセミナー in OSAKA 2013

今年も呼吸器学会主催の呼吸器スキルアップセミナーで講師をさせていただくことになりました。日程が迫っておりますが、呼吸器に興味のある研修医、意欲のある学生さん向けのプログラムが組まれています。


日時:平成25年9月21日(土) 14:00〜17:30
場所:大日本住友製薬株式会社 大阪本社ビル7F
   大阪市道修町2-6-8 TEL:06-6203-5321
   ※昨年と同じ会場です。


《プログラム(仮)》
1.セミナー1 呼吸器救急疾患への判断(14:00〜15:00)
2.セミナー2 人工呼吸管理(15:10〜16:10)
3.セミナー3 胸部画像診断(CT画像を中心に)(16:20〜17:20)


3の胸部画像診断(CT画像を中心に)をやらせていただきます。CT中心、ということですが、前半は基本となる胸部単純X線写真読影のコツ、後半にCTのこんな陰影はこんな機序でこう見える、みたいな面白イイお話にしようかな、と思っています。



■呼吸療法セミナー

10月20日、臨床工学技士さん向けの呼吸療法セミナーでお話をします。


場所:草津総合病院9階あおばなホール
セミナーは10時20分開始、私の出番は14時からです。


「臨床工学技士のための呼吸循環生理」と題して1時間半、お話をさせていただきます。
こちらのセミナーでは一昨年もお話をさせていただきまして、「以前のお話がよかったから」と繰り返し呼んでいただけるのは、ありがたいことです。



■薬局薬剤師向けに「肺がん経口分子標薬について究めよう」をテーマに、講演会

来年の1月25日(土)に、がんプロの一環として、薬局薬剤師さん向けに「肺がん経口分子標薬について究めよう」をテーマに講演会を開催する予定だそうです。


それで、「肺がん薬物療法における経口分子標的薬の位置づけ〜肺がんガイドラインの解説〜(仮)」というタイトルで、初心者向けの解説という位置づけで依頼をいただきました。少し先の話ですが、外部の薬剤師さんに向けての講演は初めてだと思います。


こちらもガイドラインの根底に流れるspiritのお話になると思います。ブログには書いていない、書籍版「レジデントのためのやさしイイ呼吸器教室」に書き下ろした内容に近いものになるかも。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 23:48 | Comment(0) | 活動報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。