2013年09月11日

3学会合同呼吸療法認定士認定試験対策講座・酸素解離曲線7・酸素解離曲線の移動する条件・その他の条件・温度と2.3‐DPG

要するに右方移動とは、酸素を離しやすくなること。
左方移動は酸素を結合しやすくなることです。


CO2、pH以外にも酸素解離曲線に影響を与える因子があるのですが、どれもCO2同様、


肺胞(っぽい)環境で左方移動(酸素を結合しやすくなる)し、組織(っぽい)環境で右方移動(酸素を離しやすくなる)する


と覚えておけば問題ありません。なんと生物、人間はうまいことできてるんでしょうね!


その因子は温度、それと2.3‐DPGです。


肺胞では体温は外気に触れていますから低め、となり、組織は活動しているから高め、となりますね。したがって、低体温では左方移動、高温では右方移動します。


DPGはちょっとピンと来ませんが、ジフォスフォグリセレートという赤血球の最終代謝産物の一つです。高地や慢性の低酸素状態で上昇し、輸血用に貯蔵された血液では枯渇する、とされていて、酸素が少ない状態=組織っぽい環境では上昇する、と考えて下さい。




ではまとめましょう。


■肺胞ではHbとO2がくっつきやすい方がいい。
→同じPaO2でもSaO2が高くなる方向へ=左方移動。
  肺胞って、低炭酸ガス血=アルカレミア、低体温、2.3‐DPGの低下がある。


■組織ではHbとO2が離れやすい方がいい。
→同じPaO2でもSaO2が低くなる方向へ=右方移動。
  組織って、高炭酸ガス血=アシデミア、高体温、2.3‐DPGの上昇がある。


3学会合同呼吸療法認定士認定試験対策講座を勉強する

トップページへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。