2018年07月16日

ここ最近の活動リポート

先週からバタバタしておりまして、ブログ更新もなかなかままならなかったりしましたが、別にサボっていたわけではなくて、結構濃い活動が複数重なった、という次第でございます。

広島からの帰りで新幹線内で、少し時間がありますので、濃かったここ最近の活動を振り返りましょう。


6月23日(土)、岡山協立病院にて、胸部X線写真レクチャー。

6月26日(火)、近江八幡市蒲生郡医師会講演会にて、ACOの架け橋、じゃなくてACOのお話。

6月30日(土)、大阪赤十字病院にて、開業医の先生方向け、胸部X線のお話。

7月11日(水)、沖縄県立中部病院にて、胸部X線写真のお話+興味深い症例のご紹介でした。今思い出しても、中部病院を見学できたことは夢のような体験でしたし、やはり現地を訪れて、お話をする、ということの大事さを実感しました。ご縁があるところにはどんどん出かけていきたいな、と強く念願しております。

それにしても、中部病院では、(適々斎塾に代表されるような、あちこちの学生さんや研修医の先生方の勉強会で)見知った顔によく会いました。やはり、意識高い人は沖縄を目指すのか…。


7月12日(木)に戻って参りまして、7月13日(金)は5年生まとめと6年生の1週間まとめ、というか割と渾身の講義になってしまいまして、へとへとになりました。


7月14日(土)、VRチーム医療@洛和会音羽病院。前回同様、チーム対抗戦の臨床クイズ大会でしたが、今回から新機軸を導入しました。ネタバレになるので詳しくは申しませんが、音羽病院の土谷先生によるアイデアが冴えまくり、という感じでした。

IMG_20180714_160327.jpg

IMG_20180714_163116.jpg

IMG_20180714_181309.jpg

運営、進行もこなれてスムーズに進みますし、どう考えてもこれは1施設内にとどめておくにはモッタイナイ。「チーム医療」でありますから、初期研修医と看護師さん、それにできればPTさんや薬剤師さんでチームを組んで、病院対抗、みたいな感じでできないかなあ、と夢想しています。やるとしたら日本呼吸ケア・リハビリテーション学会(いや、日本呼吸器学会でもいいのですが)の地方会あたりで、意識の高い認定呼吸療法士の方中心でどうかなあ、とか、夢は広がるばかりです。

IMG_20180714_185503.jpg

IMG_20180714_191532.jpg

夜のうちに広島へ移動、という私の都合に合わせて頂いて、山科駅前でお食事を頂きました。そのときに洛和会丸太町病院の上田先生のスーパーな伝説?も伺い、また、適々斎塾塾長の中西先生と、音羽病院の長坂先生のご関係なども伺うことができました。思いがけず、翌日からの適々斎塾予習になってしまいました。

IMG_20180714_204422.jpg

洛和会音羽病院の土谷先生、長坂先生、森川先生はじめスタッフの皆さん、参加者の皆さん、本当にありがとうございました。


7月15日(日)、いよいよ適々斎塾広島セミナーです。今回私の担当は、なかなか出だしすぐの枠にて「喘息」「COPD」の、「ガイドラインの向こう側」というテーマでのお話です。

タイミングよく?喘息のガイドライン、COPDのガイドライン、それにACO(Asthma - COPD Overlap)診療の手引き、が立て続けに出ましたので、新しいガイドラインの変更ポイントに触れながら、診療に役立つようなお話に絞って、できる限り考え方をシンプル化してお話をさせて頂きました。

自分の話はともかく、その後引き続きお話を頂いた、心不全、心房細動、HP感染、糖尿病、骨粗鬆症、関節リウマチのお話、これらは呼吸器専門○○になりつつある私にとって、大変ありがたいお話ばかりでした。

IMG_20180716_102823.jpg

夕方以降は懇親会。

IMG_20180715_173152.jpg

適々斎塾の皆さん、本当にあたたかく、雰囲気よく、こんな場でも症例クイズあり、塾生の先生のお嬢様方による出し物あり、あっという間に時間が経ってしまいました。

IMG_20180715_180522.jpg

IMG_20180715_192508.jpg

16日も引き続きお勉強です。睡眠時無呼吸症候群、頭痛、認知症、慢性腎臓病、甲状腺疾患といったコモンな疾患たちのサマリーを頂きました。

今回は中西先生のお膝元、広島セミナーということで広島の先生方も多く参加されていましたし、講師陣も広島の先生方が多く、中西先生のエピソードも豊富に頂いて、すっかりこちらも参加者として楽しませて頂きました。ここまでの会を広島でなされるまでに、中西先生には数々のご苦労があったかと思いますが、これからもますますのご発展をお祈りするものであります。

私の出番の前、初っぱなの講演は中西先生の息子さんが担当されましたし、板金先生の息子さんは沖縄県立中部病院におられますし(偶々今回はお目にかかれませんでしたが)、沖縄に今おられる先生が以前大阪赤十字病院におられたり、雨森先生と中西先生が、来年の某学会でコラボ企画に私を巻き込んで頂いたり、岡山協立病院や福知山市民病院や、それ以外にもこれまで伺ったことのあるご施設の先生方とまたお目にかかったり、人のつながりをたくさん実感できたここ数週間でした。

37277257_kinen.jpg

中西先生、板金先生、松村先生は、安田先生はじめ適々斎塾の先生方、本当にありがとうございました。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 21:54 | Comment(0) | 活動報告

2018年07月15日

VRチーム医療@音羽病院

今日(昨日)はVRチーム医療@洛和会音羽病院でした。それが終了して、その後広島入りし、すっかり更新できませんでした。明日(今日)は、適々斎塾@広島ですので、また更新できるかどうか…双方改めてレポートいたします。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 00:53 | Comment(0) | 活動報告

2018年07月12日

沖縄県立中部病院の見学、およびコアレクチャー「線の使い方」

というわけで、昨日から沖縄弾丸往復、沖縄県立中部病院さんにお邪魔して参りました。

長尾先生.jpg

思い起こせば医学部5年生だった(まだ若かった…)あのころ、沖縄県立中部病院に病院見学に伺いました。きっかけは…やはり「沖縄」だったから、かもしれませんが、遊び呆けていた私の心に、確かな楔が打ち込まれたのです。

当初は「産婦人科」枠での見学でしたが、割と自由時間が多く、明日どうしよう…となったときに、病院見学学生たちの宿にノートが置いてあり、先人たちが見学の感想や、後輩?たちへのアドバイスなどを書き記してあったのです。それを読むと、何人もの先人が、「宮城征四郎先生の回診を見るべし」「刮目せよ」「必須」と書かれていて、全くお名前も存じ上げなかった私は「どんな回診なんだろう?」と好奇心が湧き、翌日参加させて頂きました。

ご存じの方はおわかりだと思いますが、とにかくスゴかったのひとことです。病歴と診察でこんなに確かな診断ができるのか、と衝撃でした。

とはいえ、当時は卒業生のほとんどが出身大学の医局に入る時代。自ら飛び出して中部病院に行く、という度胸もなく、年月が過ぎ去り、いつしかCTと病理に明け暮れ、留学から還ってきた私を待っていたのは滋賀県における「教育」への取り組みでした。

学生さんや研修医の先生方に、確かな診断スキルを、興味を持ってもらえるように教えるには…自分でも試行錯誤をしていましたが、とある先生が持っていた宮城征四郎先生と徳田安春先生の書籍を見せてもらって、ビビビ!!と来たわけです。これだ、と。

それから中部病院関連の先生方の書籍、勉強会、講演会、それから「うふいち会」にも縁あって参加させて頂き、目指すべき目標はここにある!とばかりに学ばせて頂いたという次第です。昨年は喜舎場朝雄先生に、はるばる草津までお越し頂きました。


そんな沖縄県立中部病院で、レクチャーをするという……なんという僥倖!!…

ウチの卒業生であるヤマハル(ヤンバルではない)先生が中部病院で初期研修をすることになり、「いつか呼んでね!」と言っていたのが、まさか実現するとは…。

ということで昨日は、昼前に病院到着し…。

IMG_20180711_111909.jpg

呼吸器病棟の回診を拝見。感染症が多い!若い先生の勉強になる!

院内もご案内頂きました。とにかく先生方に温かく迎えて頂きました。abscessusが多いのにはビックリしました。また、もっと症例報告をしなくちゃ、と刺激を頂きました。

IMG_20180711_134956.jpg

沖縄県立中部病院出身の先生方、全国で活躍されてますよね。そして皆さんつながり、絆が深い、そんな印象がありましたが、現場を拝見してお話を伺って、その理由がよくわかりました。ウチでも真似できるところはないかなあ、と考えを巡らせております…。

そして夕方には、胸部単純写真の読影のポイントの解説、いくつか症例をご紹介させていただきました。

IMG_20180711_180508.jpg

IMG_20180711_182756.jpg

なんとかご満足頂けたら幸いですが…。

その後、有志の先生方と沖縄風料理を満喫!とても楽しい夜を過ごせました。

IMG_20180711_205748.jpg

IMG_20180711_223600.jpg

IMG_20180711_225925.jpg

IMG_20180711_230049.jpg

呼吸器内科の喜舎場先生、山城先生、根井先生、長野先生、そしてお声がけ下さったヤマハル先生、以前亀井道場の幹事でお世話になった加藤先生(彼以外にも、勉強会で顔なじみの先生方が何人も。さすがです)、それに参加されたすべての先生方、本当にありがとうございました。今回は弾丸でしたが、また是非伺いたいです。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 19:53 | Comment(0) | 活動報告

2018年07月08日

来週は立て込みます

この週末は少し一息つきましたが、来週は立て込んでおります。

7月11日(水) 沖縄県立中部病院訪問 緊張してます!!

7月14日(土) VR(Virtual Respirology)「チーム医療」@洛和会音羽病院 
参加申し込みはこちら↓↓↓
http://otomarukun.seesaa.net/article/459597364.html

7月15日(日)〜16日(月) 21世紀適々斎塾広島セミナー@広島市文化交流会館
Common Disease わたしの治療 ーガイドラインの向こう側ー
もう定員いっぱいのようですので、HPリンクは貼りません!

沖縄県立中部病院、洛和会音羽病院、21世紀適々斎塾広島セミナー、いずれも錚々たる先生方の前でお話、となりますので、半端ない緊張です、が、忙しすぎて緊張している暇もないということでございます。

7月が終わりますと夏休みらしくなりますが、例年ですと4週間ある、「学生実習のない=いろいろと仕込みのできる期間」が今年から2週間しかありません。ですので、いろいろと仕込み不足で11月の講義へと乗り込むことになるかもしれません。まあ昨年終了時にかなりカイゼンしているはずなので、このままいけるといえばいけるのですが。クリッカーなしでの試み、うまくいくでしょうか…。

8月は特に講演は予定されておりません。9月以降は以下の通りです。

9月22日(土) 糸魚川総合病院 研修病院として有名な糸魚川さんにお邪魔します!胸部X線のお話予定。

10月6日(土) 第46回日本放射線技術学会秋季学術大会@仙台 技師さんに、「医師が求める画像とは」みたいなお話をさせて頂く予定です。

10月20日(土) ただいま診断中セミナー@滋賀 肺炎三銃士?診断中三銃士?による激アツ肺炎セミナーです。

11月2日(金) 産業医科大学 昨年に引き続き、小倉に伺います!

11月3日(土) 9時30分〜16時30分 メディカ出版セミナー@大阪・クリスタルタワー
https://www.medica.co.jp/seminar/detail/171

11月18日(日) 21世紀適々斎塾 エキスパートとともに考える症候学セミナー 2 

11月29日(木) 京都府医師会肺癌検診向上の会 

12月9日(日) 滋賀県臨床工学技士会主催呼吸療法セミナー

12月15日(土) 9時30分〜16時30分 メディカ出版セミナー@東京・家の光会館

以上、以前からちょこっと増えましたが、まだまだ隙間はございますので、ご遠慮なくお声がけください(笑

トップページへ

posted by 長尾大志 at 21:29 | Comment(0) | 活動報告

2018年07月01日

第32回上本町呼吸器セミナーにて胸部X線読影についてのお話

昨日は、大阪赤十字病院の西坂先生にお招き頂きまして、第32回上本町呼吸器セミナーで「ドクターX線〜」と題した講演をさせて頂きました。

西坂先生は以前地方会で私が口走った「呼吸器内科は、大人の小児科!」の台詞に賛同頂きまして、大いに勇気を頂いたものです。大阪赤十字病院の黄先生が以前ウチにいた西尾先生のお友達ということもあって、このたびお声がけ頂きました次第です。が、特にお知り合いとかでなくても、ご講演のお話は喜んでやらせて頂いております!

kouen.jpg

タイトルは完全に出落ちでしたが、そのおかげか?盛況でした〜。

今回は開業医の先生方が大半の中、大阪赤十字病院の専攻医、専門医の先生方も来られていて、どんな感じでやろうか、少し迷いもありましたが、結局専門の先生方には「どのようにお話しするか」をお持ち帰り頂く、という感じで、開業医の先生方に向けたお話とさせて頂きました。

私が研修医の時にお世話になったL先生と20数年ぶりの再会も果たせ、西坂先生とも「あの頃」の話に花が咲きました。

IMG_20180630_173813.jpg

IMG_20180630_194705.jpg

西坂先生、黄先生、大阪赤十字病院の先生方はじめご参加の皆様、本当にありがとうございました。
今後ともなにとぞよろしくお願い申し上げます。

IMG_20180630_200851.jpg

トップページへ

posted by 長尾大志 at 16:06 | Comment(0) | 活動報告

2018年06月17日

「急性期・術後の呼吸器ケア」から「呼吸苦のみかた」へ

昨日は東京で「急性期・術後の呼吸器ケア」セミナーを行いました。双方向性に進めると、皆さんの理解度も把握できて、かつ、参加されている皆さんの集中度も上がり、いいことばかりのように思います。あ、双方向性、といっても当てるわけではありませんから、皆さん安心してご参加ください。

IMG_20180616_122600.jpg

最近ようやく、こちらがしゃべるのと、聞いている人に考えてもらう(またはoutputしてもらう)割合のいい配合ができつつあるような気がしております。もちろんまだまだ、理想にはほど遠い現状ですが、少しずつカイゼンを進めております。医学生、若手医師、ベテラン医師、看護学生、看護師、ベテラン看護師、理学療法士、薬剤師、などなど、属性によっても少しずつ違っていそうです。

今回東京でのセミナーでしたが、意外に、というか、大阪よりも、ネタで笑って頂けたり、考えるコーナーで周りの方と相談されていたり、双方向な感じがありました。グループ参加の方が多かったこともあるかもしれません。これからも是非グループでのご参加をお勧めします(笑)。

そういえば、次の企画「呼吸苦のみかた」詳細が決定しました!(笑)是非正しい「みかた」とその理由を身につけましょう。
https://www.medica.co.jp/seminar/detail/171
大阪 2018年11月03日(土) クリスタルタワー 20階A会議室
東京 2018年12月15日(土) 家の光会館 7階コンベンションホール


IMG_20180615_221800.jpg

今回の会場は、昨今話題のとある大学(群)の近所でありまして、とある大学を横目で見ましたが、その立地の良さと規模に圧倒されました。やはり東京はすごいなあ、と田舎者の感想を持ちました。東京出身の学生さんが、滋賀に居着くことはなくて東京に戻っていくのも、無理もないことですね。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 15:45 | Comment(0) | 活動報告

2018年06月10日

次の週末は、「急性期・術後の呼吸器ケア」で、その次は…??

何度もお知らせしておりますが、次の週末、6月16日には、東京で「急性期・術後の呼吸器ケア」セミナーを行います。大阪セミナーのご感想、大変好感触でしたので、東京でも楽しみです。
https://www.medica.co.jp/seminar/detail/131

すでにかなりの数の申し込みを頂いている、とのことで、あまり宣伝するのも…とも思いますが、「その次」が決まりましたのでご紹介。しかし、まだメディカ出版さんのHPに申し込みページはできておりません…。「週末の会場でパンフレットを配布したい」とおっしゃっていたので、そのときにはできていることでしょう。

次のセミナーでのテーマは「呼吸器系の異常所見」。これもご質問の絶えない、永遠の?テーマですね…。

聴診もそうですし、血ガスなどの検査所見もそうですし、胸部X線もそうでしょう。看護師さんはいったいどこまで見られるようになるべきなのか、そこも難しいテーマですが、少なくとも、コモンな疾患については、医師と「これが異常ですよね〜」と語り合うことができるようになりたい、というお声はよく伺います。

そこで例によって、基本事項と正常所見について学んで頂いた後で、疾患によってどのような異常が生じ、それがどんな「所見」として見られるか、ということをご紹介します。理屈から理解して頂き、今回と同じく、実際の症例で実践して頂きますので、たぶんめっちゃ楽しくなる予感。

日時と場所ですが、
11月3日(土) 9時半〜16時半 クリスタルタワー@大阪
12月15日(土) 9時半〜16時半 家の光会館@東京

と決まりました。勉強熱心な看護師さん、ぜひ都合をつけてお越しください!

トップページへ

posted by 長尾大志 at 20:45 | Comment(0) | 活動報告

2018年05月30日

VR(Virtual Respirology)「チーム医療」@洛和会音羽病院 2018年2月3日(土)動画を編集

今日は少し時間があったので、かねてからの懸案であった、動画編集に挑戦しました。

2018年2月3日(土)に開催された、VR(Virtual Respirology)「チーム医療」@洛和会音羽病院。大変盛り上がり、学びの多い会であったわけですが、その第2弾の開催が決定しました。

日 時:平成30年7月14日(土曜日)16:30〜18:00
場 所:洛和会音羽病院 本館C棟1階 講義室
参加費:無料
詳細はこちら↓↓↓
http://otomarukun.seesaa.net/article/459597364.html

で、前回の様子を収めた動画を頂いたのですが、なにせ長いので、編集していたわけです。あまりソフトを使いこなせず、素人感丸出しではありますが、よろしければご覧ください。
https://youtu.be/_rIt4xUQgQk
チームでのご参加、個人での参加、いずれも大歓迎です。

で、その後はアンプロフェッショナル学生に係る対応策に関するFD・SD研修会、京都大学大学院医学研究科 医学教育・国際化推進センター 錦織 宏 准教授によります、「武士道とプロフェッショナリズムと等価交換モデル」と題したお話を拝聴しました。アンプロ(このままだと患者さんの前に出せない学生さん、的な)に大学は何が出来るのか、この問題はかなりいろいろな意味で、とにかく難しいです。難しすぎて記事の更新が滞ってしまいました。

IMG_20180530_181120.jpg

トップページへ

posted by 長尾大志 at 19:12 | Comment(0) | 活動報告

2018年05月27日

メディカ出版 看護師セミナー「急性期・術後の呼吸器ケア」神戸会場

昨日は朝から夕方まで、メディカ出版看護師セミナー「急性期・術後の呼吸器ケア」@神戸 でした。

IMG_20180525_201938.jpg

5年前からこれまで、何度も同じテーマでやらせていただいているセミナーではありますが、思えば当初のものとはすっかり変わってしまっております。毎度終了後「こう変えれば…」というアイデアを取り入れて、ほとんど同じスライドは残っていないかもしれません…。

IMG_20180526_092440.jpg

今回は構成を変え、最後に症例をじっくりと、現場の順番通りに見ていきながら、復習をしていただく…という感じにしたのですが、症例のところでの問いでは、ほぼほぼ全員の方が正解していただいていて、なかなかやっていて手応えを感じました。あとで頂く感想で、「ついて行けなかった」「進行が早かった」というご意見を頂くのは切ないので…まあ、「物足りなかった」というご意見も切ないのですが…私の役目としては、やはり、皆さんにしっかりとご理解頂くこと、だと思うので、またご感想を拝読したいです。

6月16日には東京で、同内容のセミナーを行います。
https://www.medica.co.jp/seminar/detail/131
ご参加予定の皆さん、よろしくお願いいたします。

IMG_20180526_165454.jpg

神戸といえばタピオカドリンク…??

トップページへ

posted by 長尾大志 at 20:47 | Comment(0) | 活動報告

2018年05月26日

彦根でお話!

先日木曜日に、彦根に行って参りました。そうです。ひこ○ゃんの。

IMG_20180524_190333.jpg

咳のお話をさせていただきました。タイトルは「 検査が出来ない!?現場で役立つ咳診療レシピ〜気管支喘息をはじめとして〜 」。

覚えておられるでしょうか。少し前に出た、「検査ができない!?専門医がいない!?現場で役立つ呼吸器診療レシピ」という書籍を。こんな表紙でした。

表紙.jpg

この本の1章で、咳の鑑別を取り上げておりますが、その内容の一部を取り上げてご紹介しました。参加されていたのは主に開業医の先生方でしたので、検査にも制約があるかなあ、ということで、主に病歴から鑑別する流れをご紹介しました。先生方のお役に立てば幸いです。

橋本先生、月野先生はじめ参加されていた先生方、どうもありがとうございました!

トップページへ

posted by 長尾大志 at 23:33 | Comment(0) | 活動報告

2018年05月20日

1日、胸部X線漬けの巻

今日は朝から1日、胸部X線漬け(漬ける方)でした。

IMG_20180520_094252.jpg

参加されていたのが開業医の先生方中心でしたので、どのように進めていくか若干手探りなところもありましたが、後ろの方からちょいちょい参加していただけたのでよかったです。進め方にはだいぶ自信がついてきました。

IMG_20180520_173709.jpg

富士山の見える天気の日にE席という…僥倖…。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 22:20 | Comment(0) | 活動報告

2018年05月04日

告知あれこれ・7月以降

7月以降の予定をご紹介します。

7月11日(水) 沖縄県立中部病院
滋賀医大卒業生のY先生にお招き頂きましたが、喜舎場朝雄先生のお膝元で、私が何を出来るというのでしょう。それはわかりませんが、精一杯頑張るのみであります。

7月14日(土) VR(Virtual Respirology)「チーム医療」@洛和会音羽病院
前回2月3日のVRチーム医療、とっても面白かったですね!近々本格的に募集を行いますので、京滋近隣の研修医の皆さん、看護師、理学療法士の皆さん、医学生さんも、お誘い合わせの上、予定をあけておいて下さい。

7月15日(日) 21世紀適々斎塾広島セミナー@広島市文化交流会館
Common Disease わたしの治療 ーガイドラインの向こう側ー
適々斎塾が広島で!近隣の先生方にとっては素晴らしいチャンスではないでしょうか。15日、16日の2日間にわたって行われますが、私の出番は15日の午前中です。ACOとCOPDのガイドラインが新しくなりましたので、そのあたりのお話をしっかりとさせて頂きます。

夏以降の予定は、詳細が未定なものも多いですが、先のご予定を立てる参考にして頂ければと思います。また、講演のご依頼を頂くご参考にもして頂ければ幸いです。

9月22日(土) 糸魚川総合病院
10月20日(土) ただいま診断中セミナー@滋賀
11月2日(金) 産業医科大学
11月3日(土) 9時30分〜16時30分 メディカ出版セミナー@大阪・クリスタルタワー
11月18日(日) 21世紀適々斎塾 エキスパートとともに考える症候学セミナー 2
12月9日(日) 滋賀県臨床工学技士会主催呼吸療法セミナー
12月15日(土) 9時30分〜16時30分 メディカ出版セミナー@東京・家の光会館

トップページへ

posted by 長尾大志 at 15:54 | Comment(0) | 活動報告

2018年05月03日

告知あれこれ・5月〜6月

新緑の5月、連休はいかがお過ごしでしょうか。私は今日はなんだかんだ家のことをやっていました。網戸の張り替えとか…御神輿とか…なんとか…。

さて、久しく今後の告知をしていませんでしたが、気づけばいろいろとお仕事のお話を頂いておりました。是非多くの方に参加頂きたいので、告知させて頂きます。

5月13日(日) 13時10分〜14時10分 日本医学検査学会教育講演@アクトシティ浜松
肺の病態と肺機能などの検査を絡めたお話です。主にCOPDと肺線維症のお話をさせて頂きます。

5月20日(日) 10時〜15時 医療技術セミナースキルアップ@アットビジネスセンター(ABC)東京駅
久々の今回は、『レジデントのためのやさしイイ胸部画像教室 第2版』発売記念、胸部X線写真見まくり大会です。最初に見かたのコツなどお話ししたあとは、ひたすら見まくります。

5月24日(木) 19時〜20時40分 解決コンコン懇話会@ホテルサンルート彦根
こちらは、彦根の橋本先生にお招き頂きました。咳で受診する患者さんの問題を解決できるような内容です。『検査ができない!?専門医がいない!?現場で役立つ呼吸器診療レシピ』発売記念で、第1章の「これならできる!“せき”の鑑別診断アプローチ」の内容を、わかりやすく解説いたします。

5月26日(土) 9時30分〜16時30分 メディカ出版セミナー@(社)兵庫県農業会館
6月16日(土) 9時30分〜16時30分 メディカ出版セミナー@家の光会館
https://www.medica.co.jp/seminar/detail/131
おなじみ「急性期・術後の呼吸器ケア」ですが、今年から実際の症例をじっくり考える時間割を設けまして、学んだことを現場で生かせるように工夫しております。上のリンクからは講演サンプル動画もご覧いただけますので、一度そのわかりやすさをご覧ください。

6月3日(日) 11時30分〜 滋賀医科大学呼吸器内科BBQ@こんぜの里バンガロー村
説明不要、肉祭りです。研修医の先生方、学生さんは参加無料です。直接来て頂ければいいのですが、あらかじめ参加希望をいただけましたら、肉の確保をさせて頂きます。今年は初めて、○○が焼かれるかも…

6月23日(土) 17時30分〜19時45分 岡山協立病院胸部X線写真読影勉強会@岡山協立病院横 ComComホール3階
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe6ugTvEcFFESbf46DgtToywMcl3cyrseqPKxWZ3H2OkzH-Ug/viewform
岡山協立病院の、横田先生からお招き頂きました。「初期研修医・学生向けに胸部X線画像読影のイロハを、長尾先生ならではのわかり易くかつ面白いレクチャーで学ぶことができます。」とのことです(笑

6月26日(火) 15時〜16時 竜王近江八幡医師会講演@近江八幡市立総合医療センター内『よしぶえホール』
こちらは雨森先生にお招きいただきました。いつもお世話になっております。『検査ができない!?専門医がいない!?現場で役立つ呼吸器診療レシピ』発売記念として、ACOとCOPDのお話を、できるだけシンプルにさせて頂きます。題して「エーコーの架け橋」。

6月30日(土) 14時〜15時 上本町呼吸器セミナー@ホテルアウィーナ大阪
大阪赤十字病院の西坂先生・黄先生にお誘いいただきました。胸部画像のお話を、大阪のどまんなかで、やらせて頂きます。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 19:19 | Comment(0) | 活動報告

2018年04月30日

今後のお話

呼吸器学会で一息つきまして、先だっても申しましたように目の前のお仕事がだいぶ減りまして、これからの活動を考えておりましたが、ありがたいことに今後もいろいろとお仕事のお話を頂いております。

書籍は、これまでに7冊+改訂版×2、出版させていただき、新たなる企画といっても、もはやアイデアも出尽くして、何も残ってません…と思っていましたが、いろいろな方にお目にかかってお話をしていると、なんやかんや出てくるもので、また新たな展開がある…かも…しれません。

31398326_733372590119924_8437216619917659906_n.jpg
(金芳堂facebookページより引用)

講演会や勉強会は、いろいろ新たな出会いがあり、いつも本当にありがたく、楽しくやらせて頂いております。その場で頂くご質問、あとの情報交換の場でのお話で、新たな視点、考え方を得ることができるのです。日本全国、どこにでも伺います!この学会でも打ち合わせがありました。今後の予定もまた告知致しますね。

肝心の、日々の仕事に関しては…

31250534_1651859251595970_69079167362138112_n.jpg

引っ越しました。モニター三面が、きちんとおけるようになり、スライド作成や執筆作業が捗る快適なお仕事環境になりました!

それはともかく、このたびの引っ越しは、ついに、滋賀医大の「呼吸器内科」が「呼吸循環器内科」から独立したことによります。ちょっと状況が流動的になっていて予断を許さないので、これ以上のことは申せませんが、どうなってもその場でがんばるのみです。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 20:43 | Comment(0) | 活動報告

2018年04月29日

第58回日本呼吸器学会学術講演会@大阪国際会議場レポート2

ということで、2日目の報告をいたします。しかしながら!!

なんと昨日は家にスマホを忘れるという失態。まあ別にそれほどスマホ依存ではありませんので、取りに帰ることはしませんでしたが、写真が全然撮影出来ませんでしたね…。

滋賀医大の先生方の発表や…知り合いの先生方の発表など…写真なし。
と!いうわけで!書籍展示も巡りまして、大変ステキなありがたい展示をして頂いていたのですが、写真撮れず、またも、金芳堂さんのfacebookページより引用させて頂く次第です。

31369396_733372696786580_7865148776279321679_n.jpg
(金芳堂facebookページより引用)

31357585_733372663453250_586362709522139056_n.jpg
(金芳堂facebookページより引用)

学会に参加しておられた先生方は気づかれたでしょうか?あるいは、この写真でも…。

ご覧頂けますように、通常は出版社さんごとに書籍を並べて頂くところ、金芳堂さんと日本医事新報社さんのコラボにより、「長尾先生コーナー」を作ってもらっちゃった、というわけなのです。これには驚きです。両者のご担当者様、誠にありがとうございます。大変感謝しております。南江堂さんもいいところに置いて頂いてましたが、とにかく写真がございません。残念です。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 17:26 | Comment(0) | 活動報告

2018年04月28日

第58回日本呼吸器学会学術講演会@大阪国際会議場レポート

今週末は、第58回日本呼吸器学会学術講演会@大阪国際会議場です。昨日に引き続いて、今日も行って参りました。まずは昨日のご報告。

31369769_733372430119940_7117047741295144654_n.jpg
(金芳堂facebookページより引用)

昨日はかねてより申していたとおりポスター発表「教育・終末期医療他」セッションで座長をさせて頂きました。心配もありましたが、質疑応答も活発にしていただき、かつ、時間キッチリに終わるという、なかなかステキな進行具合でした。共に座長をして頂いた市立芦屋病院緩和ケア内科部長 松田良信先生のおかげです。松田先生、本当にありがとうございました。

座長のあとは大阪駅北のグランフロント大阪へ。インターコンチネンタルのセレブな空間に迷い込むと…

IMG_20180427_182544.jpg

IMG_20180427_204157.jpg

ステキなお料理と…

IMG_20180427_221413.jpg

ステキな女性達と…

久しぶりの楽しいひとときでした。あ、くれぐれも、昨今話題のセ○ハラ案件ではありませんのでご安心ください(だったらこんなところに書きませんね…)。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 21:39 | Comment(0) | 活動報告

2018年04月22日

各種お知らせ

今日は久々の、何もない週末です。

2月から、しばらくの間、「目の前の締め切り仕事をただひたすらこなす」日々を過ごしておりました。まだお仕事が残っては居ますが、次の締め切りは5月下旬。ちょっと一息、という感じです。

この間、書籍(単著)3冊、雑誌特集(単著)1つ、雑誌特集共著2つ、医師国家試験解説作成、看護師国家試験解説作成、病気が見える(呼吸器)監修、あとは試験問題と解説、「作問のねらい」の作成、などなど、公に出来ないもの含め、たくさんのアウトプットを致しました。

ちょっと自分の処理能力を超える作業量で、この間の記憶がほとんどありません。でも次々と形になっていくのをみて、楽しくまた充実していた日々でした。特に書籍の刊行は、やはりテンションが上がるものです。

いよいよ今週末は呼吸器学会@大阪です。ということで、書籍コーナーに並ぶ、最近発売になる(なった)拙著のご紹介をさせて頂きます。

表紙.jpg

検査ができない!?専門医がいない!?現場で役立つ呼吸器診療レシピは、リンク先をご覧頂くと、「タイトルで対象がわからない」と酷評されていますが(汗)、検査ができないセッティングの開業医の先生方、専門医が不在で、総合内科の先生や一般内科の先生や消化器内科の先生や循環器の先生が呼吸器疾患症例を診ておられる、そういう現場が世の中にはたくさんありますが、そこの先生方、がまずは対象です。しかしながら、呼吸器専門医でも、検査ができないセッティング、というのは実はよくありまして、そういうところにおられる若手の先生にも好評を頂いています。自分ではわかりやすいタイトル、と思っていたのですが…やはり客観的にご覧になっている方のご意見は貴重です。

内容としては、ある程度勉強しているんだけど、この辺のニュアンスがわからない、というお話をよく伺う、「咳の鑑別」「非結核性抗酸菌症」「間質性肺炎」を中心に、ご質問をよく頂くところ、誤解されているケースをよく見かけるところを多く書いています。なので、かなり内容に偏りが(汗)。学会場で見かけたら、ちょっと立ち読みしてみられることをオススメします。


第2版表紙.jpg

つづいては、おなじみのやさしイイ胸部画像教室、いよいよ第2版がでました。以前にも書いたかもしれませんが、40ページ増、写真の入れ替え&追加が100枚以上でありながら、価格はわずか100円のupで抑えて頂いております。日本医事新報さん、ありがたやでございます。初版の内容が変わったわけではありませんので、初版をお持ちの方も、これからも安心して使い続けて頂けます。


呼吸器腹落ち表紙.jpg

Dr.長尾プロデュース 呼吸器腹落ちカンファレンス 呼吸の果てまでカンファQ!という本が、まさに呼吸器学会にギリギリ、印刷が間に合うのか?合わないのか??というタイミングで、ただいま絶賛製作中であります。もし学会場でお見かけになりましたら、出版社さんがんばったな!と思って頂ければと思います。こちらはこれから呼吸器を回る、学生さんや研修医の先生が対象です。対象は絞られています(笑)。指導医・上級医がカンファレンスで尋ねてこられるであろう事柄=呼吸器を学ぶ上で大事なことを、紙上カンファにぎゅうぎゅう詰め込んでいます。これから呼吸器を回るんだけど、カンファをどうサバイバルするんだ…??と頭を抱えている皆さん、毎週、毎月、毎年、若い子が回ってくるけど、どう教えりゃいいんだ…???と頭を抱えている上級医の皆さん、もし学会場で見かけたら、まずは立ち読みしてみてください。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 15:26 | Comment(0) | 活動報告

2018年03月11日

松本協立病院さんでMatsumoto ALPS Clinical Seminar

ということで昨日は、松本協立病院さんでMatsumoto ALPS Clinical Seminarが開催され、講師を務めさせていただきました。

IMG_20180311_094522.jpg

松本駅目の前、最高のロケーションにある、ステキな病院でした。

ALPSは、アルプスと「Active Learning Peers in Shinshu university」をかけた略称だそう。ちなみにアルプスもきれいに見えました。

IMG_20180311_094449.jpg

でALPSは、信州大学の学生さんたちによる勉強チームで、今回松本協立病院が協賛されてこの企画がスタートしました。

IMG_20180310_130351.jpg

私が胸部X線写真読影のお話をさせていただいてから、マツケン先生によるマツケンカンファ。安定の面白さでした。客いじりのワザ、取り入れたい。

IMG_20180310_163502.jpg

獨協医科大学の原田侑典先生、初めてお目にかかりましたが、イヤスゴイ先生です。獨協医科大学といえば志水太郎先生ですが、まだまだこんな方がおられるとは、獨協恐るべしです。自分の来し方を顧みるような、「学び方」のお話でした。

IMG_20180310_184522.jpg

IMG_20180310_200435.jpg

終了後懇親会にも参加しました。そこでサプライズ!なんと、京大の同級生と、25年ぶりの再会!!松本共立病院におられる先生でした。懐かしい会話、25年ぶり?に聞く名前など、タイムスリップしたような不思議な感覚でした。

もちろんおいしいお料理の数々もありましたが、驚いたのはその場でも大クイズ大会(たぶん普通の?初期研修医でも難しい)が開催されたこと。とことん貪欲な学生さん、研修医の皆さんに感服しました。

マツケン先生、原田先生、そして松本共立病院の上島先生には、夜遅くまでいろいろとお話もさせていただき、大変刺激的な1日でした。まだまだがんばらないと!皆さん、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

IMG_20180311_101441.jpg

今日は帰りにこちらへ。インスタ映えのするお菓子を購入致しました。なかなかお味もよく、ウチでも好評でした〜。また松本に伺うのを楽しみにしています。

IMG_20180311_1631345.jpg

IMG_20180311_1722567.jpg

トップページへ

posted by 長尾大志 at 18:25 | Comment(0) | 活動報告

2018年03月03日

『レジデントのためのやさしイイ胸部画像教室』改訂第2版のお知らせ

このたび、多くの方々にご愛読いただいております、あの?『レジデントのためのやさしイイ胸部画像教室』を改訂させて頂くことになりました。

第2版表紙.jpg

出版からはや4年が経ちまして、これを学生さんに読んでいただいたりしているのですが(売りつけているわけではありません!図書館に寄贈したものを貸し出しているのです)、一読してもらった上で教育をやっていると、スゴく効率がいい一方で、ちょいちょい「思い違い」「取り過ぎ、取らなさすぎ」があることに気づきました。

4年の間に溜まってきた思い、付け加えたい言葉を書き足し、見にくかった写真を入れ替え、さらにわかりやすいシェーマを加えてパワーアップさせました。40ページほどの増ページ、新しい図・写真を100枚ほど加えまたは入れ替え、それでいて値上がりは極小の100円にとどめて頂きました。日本医事新報社さんにはいつも値付けをがんばっていただいております!

初版をお持ちの方には、決して旧くなった、内容が変わった、というわけではありませんので、そのまま今後も愛用して頂けますが、これから買おうかな、という方には、改訂版を強くオススメするものであります。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 23:58 | Comment(0) | 活動報告

2018年02月18日

ただいま診断中セミナー@ 静岡県立総合病院「ただいま肺炎診断中!」

今日は静岡県の、静岡県立総合病院さんで行われた、ただいま診断中セミナー@ 静岡県立総合病院「ただいま肺炎診断中!」でお話をして参りました。

IMG_20180218_122839.jpg

どこかで聞いたことがあるような…??と思われた方、正解です!

『ただいま診断中!』とは、『呼吸器内科 ただいま診断中!』に端を発した、中外医学社さんの人気シリーズ(呼吸器内科以外は…汗)。その著者達による勉強会であります。著者達とは…

『救急外来 ただいま診断中!』の坂本壮先生

『感染症内科 ただいま診断中!』の伊東直哉先生

んで私。

IMG_20180218_153214.jpg

坂本先生の「病歴!」伊東先生の「G染!」私の「画像!」で肺炎づくしの午後のひととき。

IMG_20180218_123731.jpg

県立総合病院さんは研修医の先生方の数も多く、賑わっておりました。うらやますい。県立総合病院の大下様には大変お世話になりました。ありがとうございました!

IMG_20180218_153529.jpg

坂本先生、伊東先生、そして古谷先生も、本当にありがとうございました!また是非やりたいですね!

トップページへ

posted by 長尾大志 at 21:26 | Comment(0) | 活動報告

2018年02月12日

奄美中央病院さんで、呼吸器の勉強会、2日目

奄美中央病院にて、呼吸器の勉強会。参加者10人弱で、後期研修医の先生方中心でしたので、何のテーマにしようかな〜と相談していたのですが、まずは最近経験された、悩ましかった症例のご質問がある、ということで、症例をプレゼンしてもらって、ご質問にお答えし、やはり間質性肺炎のところは悩ましく思っておられるんだ、とわかったところで、急性、慢性の間質性肺炎の分類・診断治療のお話をねっちりとやりました。

皆さん、総合内科の後期研修医とは思えないほど、呼吸器の勉強もされていたので、話ははずみ、質問もたくさんで、それなりに間質について理解が深まったかなー、というところで1日目終了。

で、島唄体験(昨日参照)などありまして…

2日目は、気管支鏡モデルを使って、気管支鏡についてやりたい、というご要望がありまして、鹿児島生協病院呼吸器内科の平元先生に、気管支鏡モデルを持参頂きました。そこで急遽思いついた、「気管支鏡で気道内を見ながら、CTを見る体験」をやってみたのですが、これがよかったです。

やはり肺が立体なので、前後左右関係が3Dでなかなかわからない、ブロンコ体操とかやってもうーん、かもしれませんが、気管支鏡で前に行って、ここがS5、とか、この後ろがS10、とか、CTでこの辺、とかやっていくことで、立体構造の理解を皆さん深めることができたようです。わざわざ鹿児島から飛行機でモデルを持ってきて頂いた甲斐があったというものです。

それから最近話題の、喘息とCOPDとACOのお話、これも皆さん日々悩んでおられるところのご質問が多々飛び交い、大変盛り上がりました。

IMG_20180211_104332.jpg

終了後、奄美徳州会…をすり抜けて、鶏飯(けいはん)を頂いて、平元先生にあちこち案内してもらってしまいました。平元先生とは20年前に京大で机を並べて学び、いろいろやらかし?た仲で、楽しい想い出がいっぱい思い出されました。平元先生、大変お世話になりまして、本当にありがとうございました。

今回のお話を頂いた樫田先生はじめ、奄美中央病院の先生方も、お世話になりまして本当にありがとうございました。昨日も先生方にはご紹介したのですが、そういう、検査ができないとか、専門医が居ない、というご施設で、まさにお困りである、という、大変よくご質問を頂く内容について丁寧にお答えしたのが、3月発売予定の『検査ができない!?専門医がいない!?現場で役立つ呼吸器診療レシピ』です。多くの先生方にご活用いただき、少しでも悩みの解消に役立てて頂ければ幸いです。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 19:50 | Comment(0) | 活動報告

2018年02月11日

奄美中央病院さんで、呼吸器の勉強会

昨日と今日、奄美中央病院さんで呼吸器の勉強会をしてきました。結局今日ももうすぐ終わりますので、取り急ぎ活動の様子の写真のみupしていきます。

IMG_20180210_144901.jpg

奄美大島へは、関西国際空港からバニラエアで向かいます。関西国際空港から国内線に乗るのも、バニラエアも初めてで、すごく新鮮でした。

IMG_20180210_151218.jpg

IMG_20180210_151522.jpg

空港からの途上で立ち寄ったジェラート屋さん、黒糖〜とか、塩〜とか、島ざらめ〜味、最高でした。

IMG_20180210_222843.jpg

IMG_20180211_145257.jpg

郷土料理屋さんで奄美の島唄を聴かせてもらいました。

IMG_20180211_102805.jpg

ちゃんと仕事もしております。詳しくは明日。

IMG_20180211_111735.jpg

ハブショーをみて、ライブとは、エンターテインとは何かを考えました。

IMG_20180211_132352.jpg

鶏飯。お食事もよかったです。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 23:11 | Comment(0) | 活動報告

2018年02月10日

奄美大島に来ています!

今日は奄美大島で勉強会です!遅くなりましたし、明日もありますので、今日はこれにて失礼します。明日活動報告致しますね。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 23:07 | Comment(0) | 活動報告

2018年02月04日

というわけで、VR(Virtual Respirology)『チーム医療』勉強会のお手伝いをして参りました。

そもそもこの会は、
「研修医や若手医師だけでなく、看護師や理学療法士はじめコメディカルスタッフも共に学べるような場がなかなかない」
「他職種が考えていることを聞く機会って、そんなにない」
「若い人たちが、お互いに意見を出し合って、共に学ぶ+他職種の方の話を聞く機会が出来ないものか」
⇒「だったら、グループワークにして、その場で症例について考えて、意見を出し合う、みたいな形式ではどうか?」
⇒「グループでクイズを解いていく形式がいいのでは?」
⇒「だったら、グループ対抗クイズ大会みたいにしたらいいのでは?」

テな感じで、どんどん話が膨らんでいったものです。洛和会音羽病院呼吸器内科の土谷先生が、具体的な企画進行をどんどん詰めてくださって、キッチリ進行していただいたことで、当日はほぼ100点の運営となったのではないでしょうか。

IMG_20180203_160537.jpg

当日は、音羽病院さんの、本当にたくさんの先生方、関係の皆さんに協力いただきました。アーム付きのカメラも貸与いただき、フリップを拡大してモニターに映したり…

IMG_20180203_160603.jpg

事前のテストも入念に…

場の雰囲気.jpg

進行としては症例を提示し、各々の診断や治療、そして指示だし!のポイントで、自由発言(早い者勝ち)やフリップ記入などで発表してもらいます。そしてその都度ポイント授与!なんとポイントは○○!優れた発言には特別ポイント!ということで進め、最後にポイント合計で優秀チームを決める、というもの。

ポイント決めは長坂先生と私で行いましたが、これが結構難しい。でも結構面白く、数回やるとコツというか、盛り上げ方、がわかってきました。

参加者の皆さんからも、「話し合いがよかった」「楽しかった」「勉強になった」「また参加したい」と好評を頂き、すぐに第2回が決定しました。

私が思うに、これは、呼吸器専門医が居ない(居てもいいけど)、研修指定病院(ある程度の規模の)で、しかも看護師さんはじめコメディカルスタッフの皆さんが勉強熱心、というご施設にフィットするのではないか、と思いました。オファー、お待ちしています(笑。

滋賀医大からも研修医の先生と、看護師さん2名が参加させていただく予定だったのですが、看護師さん組は折悪しくインフルエンザで不参加、となってしまいました。ですので、滋賀医大でも似たイベントを出来ないものかと考えています。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 13:29 | Comment(0) | 活動報告

2018年02月03日

VR(Virtual Respirology)『チーム医療』@洛和会音羽病院

今日は、洛和会音羽病院さんへおじゃましまして、VR(Virtual Respirology)『チーム医療』勉強会のお手伝いをして参りました。

なにぶん初めての試みでしたので、いろいろと心配もありましたが、終わってみれば、大成功と言っていいと思います。

今日は遅くなりましたので、詳しくは明日振り返りたいと思います。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 22:54 | Comment(0) | 活動報告

2018年01月28日

適々斎塾でお話をさせていただきました。

今日は大阪あべのメディクスにて、適々斎塾に参加・お話をさせていただきました。こちらは知る人ぞ知る、総合診療の志ある先生方と学生さんによる勉強会であります。

自分の出番は午後からでしたが、朝から参加させていただき、白河総合診療アカデミー東先生のお話。
そうそうと深くうなずくお話に、そういう表現が!と膝を打つお話もあり、勉強になりました。

自分自身、適々斎塾でお話しするのは初めてでしたが、これまでにお話しになっている先生方のそうそうたる顔ぶれを拝見するに、生半可な話ではご満足いただけまい、ということで、けっこうマニアックな?今度でる書籍のエッセンス、みたいな、呼吸器内科領域での悩み事、みたいなお話をさせていただきました。

FB_IMG_1517140446692.jpg

内容はともかく?、今回は先日の第3学年「免疫学」の講義でなかなかよい手応えであった、「ブルゾンながお」ネタをやらねば、ということで、勝手にかなり緊張しておりましたが、なんとか皆さまに温かく受け入れていただき、ホッとしております。

Google formも使ってみようとしましたが、無線が使えず断念でした。会場のWifi環境が大切であると実感しました。

自分の次に登壇された福井大学の小淵先生による講演には度肝を抜かれました。しかし考えてみれば自分にも同じことはできるはずで、自分で「これはできない」と制限を掛けてしまっていたように思います。もっとリミッターを外して、皆さんの心に残る講演を作っていきたいと思いました。

板金先生、中西先生、松村先生はじめ適々斎塾の先生方、東先生、小淵先生、それに絡んでくれた水谷君、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 21:41 | Comment(0) | 活動報告

2018年01月08日

ただいま診断中セミナー@静岡県立総合病院と、Matsumoto ALPS Clinical seminar@松本協立病院

昨日告知した予定のうち、2月18日のただいま診断中セミナー@静岡県立総合病院と、3月10日のMatsumoto ALPS Clinical seminar@松本協立病院についてご紹介しておきます。

2月18日(日)のただいま診断中セミナーは、あの、中外医学社さんの『ただいま診断中!』シリーズのベストセラー著者さんである、順天堂大学医学部附属練馬病院 救急・集中治療科 坂本壮先生(『救急外来 ただいま診断中!』)と静岡県立静岡県立がんセンター 感染症内科 伊東直哉先生(『感染症内科 ただいま診断中!』)と一緒に、先生方のお膝元である静岡で、「肺炎」に関するセミナーをやりましょう!ということでお声がけ頂いたものです。

題して「ただいま肺炎診断中」。3人各々の得意分野をテーマに、坂本先生は救急医の立場から、いかに肺炎を疑うか、伊東先生は感染症医の立場から、いかに肺炎の起因菌を同定するか、そんで私は呼吸器内科医の立場から、肺炎をいかに画像から判断するか、面白そうでしょ?

26047118_1711545342258553_8249099159484757281_n.jpg


3月10日(土)のMatsumoto ALPS Clinical seminar、ALPSとは、もちろんアルプスですが、「Active Learning Peers in Shinshu university」の略称だそうです。これはモチベーションの高い学生さんたちがつくっているチームの名前で、今回の企画の発起人。そこに松本協立病院が協賛されてスタートしたとのこと。

実は松本協立病院さんからは今ウチに勉強に来られている先生がおられて、ご縁を感じるとともに状況を伺うと、やはり呼吸器内科医が大変少なく、非常にお困りであるとのこと。先生方も熱心と伺っておりますので、何とかお役に立てるよう頑張ります。

こちらも私以外の講師の先生方が豪華!ですのでオススメです。また詳細が決定しましたら告知いたしますね。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 16:40 | Comment(0) | 活動報告

2018年01月07日

今年の予定一覧

今のところ決まっている、今年の予定一覧です。現在企画進行中のものも少なからずございます。関係の皆様にはご面倒をおかけしております。何卒よろしくお願い申し上げます。

★ 書籍
・非専門医の先生方、研修医の先生方、「検査が出来ない、専門医がいない」施設の先生方向け
・学生、研修医の皆さま向け「カンファレンスをサバイバルするための、バーチャルカンファレンス」
・あともう1つ、可能なら…

★ 講演・イベント
1月28日(日) 適々斎塾
2月3日(土) 音羽病院VRチーム医療
2月11日ごろ 南の島にて(詳細未定)
2月13日(火) 志太医師会
2月18日(日) ただいま診断中セミナー@静岡県立総合病院
3月10日(土)  Matsumoto ALPS Clinical seminar@松本協立病院
3月18日(日) 市民公開講座@滋賀医大
4月7日〜8日 適々斎塾呼吸器セミナー
4月27日(金) 日本呼吸器学会座長
5月12日(土) 日本医学検査学会教育講演@アクトシティ浜松,
6月30日(土) 上本町呼吸器セミナー@ホテルアウィーナ大阪
7月15日(日)〜16日(月) 適々斎塾広島セミナー

トップページへ

posted by 長尾大志 at 22:10 | Comment(0) | 活動報告

2017年12月23日

VR(Virtual Respirology)『チーム医療』

先日の日本呼吸器学会近畿地方会で、秘密の打ち合わせがありまして、2月に行われる「VR(Virtual Respirology)『チーム医療』」の詳細が決まりました。これは面白くなりそうです。


2018(平成30)年2月3日に洛和会京都呼吸器センター 所長の長坂行雄先生はじめ、スタッフの先生方と開催させて頂く勉強会「Virtual Respirology『チーム医療』」。研修医の先生方、看護師さん、メディカルスタッフの皆さんによるチーム対抗クイズ大会です。チーム対抗ですが、チーム単位でなくても参加出来ます。多数の皆さまのご参加をお待ちしております。

http://otomarukun.seesaa.net/article/455096858.html

◆Virtual Respirology『チーム医療』とは
ERに搬送された救急患者を診察、診断し治療していくストーリー仕立てのチームバトルです。

◆対象
ジュニアレジデント、看護師、医学生
※個人での参加も受け付けます。その場合は、当日いずれかのチームに配属されます。

◆日時
2018(平成30)年2月3日(土) 午後4時30分〜午後6時

◆場所
洛和会音羽病院 C棟 1階 講義室
(〒607-8062 京都府京都市山科区音羽珍事町2)

◆講師
洛和会京都呼吸器センター 所長 長坂行雄先生
滋賀医科大学附属病院 呼吸器内科 長尾大志

◆参加費
無料

◆申し込み方法
チーム名、チームメンバーの名前と所属を下記までご連絡ください。
洛和会音羽病院 医療経営戦略部 松原様
Mail:matsubara_t@rakuwa.or.jp
FAX:075(501)5747
※申し込みの際にはチーム代表者の連絡先(メールアドレス)を明記してください。
折り返し確認のご連絡をいたします。

個人参加の場合、長尾に直接連絡ください。
滋賀医大の研修医の皆さんには26日に長尾より改めて参加希望を確認しますね。

◆申し込み締め切り
2018(平成30)年1月31日(水)

◆主催
洛和会音羽病院 呼吸器内科

トップページへ

posted by 長尾大志 at 21:52 | Comment(0) | 活動報告

2017年12月17日

第90回日本呼吸器学会・第120回日本結核病学会近畿地方会

昨日は第90回日本呼吸器学会・第120回日本結核病学会近畿地方会でした。


裏でびまん性肺疾患の会があったりして、そちらが魅力的だったのですが、今回はThematic oral sessionのショートレクチャーを仰せつかり、こちらに詰めることとなりました。それだけでなく、2月3日に洛和会音羽病院さんでやる勉強会『VR(Virtual Respirology)チーム医療』の打ち合わせを長坂先生、土谷先生、森川先生らとさせて頂いたり、そこに南京都病院の坪井先生がお見えになったり、神戸西市民の西尾先生経由で大阪赤十字の先生方とお近づきになれて、ありがたいことに講演のお話を頂いたり、ウチの卒業生(呼吸器志望!)と会えて話ができたりと、なかなか盛りだくさんで終わりました。やはり行って良かった。\(^o^)/


本学会のThematic oral sessionは今回初の試みで、最初にショートレクチャーがあり、その後数例の発表が続く、という構成になっています。やらせて頂いた肝心のショートレクチャーですが、頂いたお題が「呼吸不全・ARDS」。sessionにどんな演題が集まるか未知の状態で、しかも私自身、呼吸不全の研究をしているわけでもないので、内容選定にはにはいささか迷いもありましたが、やはり自分の得意な分野でやろう、ということで、『呼吸不全を研修医の先生に教えるときに気をつけることは』みたいな話をしました。


まだまだ試行中の話で、もう少しエビデンスが集積してからお話ししたかったところなのですが、こういう機会もなかなかなさそうですので、思い切って話をしました。果たして聴講された皆さんの、行動変容につながるでしょうか…。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 17:15 | Comment(0) | 活動報告

2017年12月10日

北部研修医ネットワークで、血ガスと胸部写真のお話

昨日は京都の北部研修医ネットワーク(京都府北部にある研修病院で研修されている研修医の先生方の勉強会)@福知山市民病院で、血ガスと胸部写真のお話をして参りました。


福知山市民病院と言えば、総合内科の川島 篤志先生が有名ですが、この勉強会は、本当に若手の先生方主導でやっておられるのですね。まずはその運営に感心しました。


IMG_20171209_132849.jpg

福知山といえば…の、蔵かつサンド!


IMG_20171209_134506.jpg


まず症例クイズから始まり、グループワークでじゃんじゃん鑑別診断を挙げておられる様子から、「皆さんできる!」ということがわかりましたので、講義というよりも症例問題や画像問題に答えていただく時間をとるようにしました。


その甲斐あってか、まずまず受けた?ように思われます。研修医の皆さん、とっても熱心で、こちらも気合いが入りました。


IMG_20171209_185701.jpg

「とりなご」の鴨鍋!


長谷部先生はじめ、福知山市民病院研修医の先生方、お招きいただき、ありがとうございました。他の参加された皆さん、盛り上げて頂きありがとうございました!今後ともよろしくお願い申し上げます。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 21:48 | Comment(0) | 活動報告

2017年12月09日

国立病院機構南京都病院さんで、看護師さんと勉強会

木曜日は国立病院機構南京都病院さんにお邪魔して、看護師さんと呼吸の基礎と血ガスの勉強会をさせて頂きました。


メディカ出版さんなどのセミナーとは違って、皆さんたぶん顔見知り、という状況なわけですから、アクティブにやろうかな、と思いまして、問題を多めに準備して、周りの方とガヤガヤご相談頂いて、ご指名して…と思っておりましたが。ご指名のところでやはり緊張感が漂います。で、ちょっと言葉が出てこなかったり、という場面があったりしました。


知っている人ばかりだと、それはそれで「間違えられない」という緊張感を生み、却って答えにくいことがありますよね。それでも多くの看護師さんにいっぱい答えて頂いて、身につく、という意味でも意味があったのかなあ、と考えます。


IMG_20171207_201822.jpg


IMG_20171207_203838.jpg


南京都病院には、胸部研〜京大OBの先生方がたくさんおられます。今回は坪井先生にお招き頂いたのですが、終了後スタッフの先生方と情報交換?をさせて頂きました。


IMG_20171207_213405.jpg


なんか久しぶりに、胸部研の頃の話とか、同期や先輩後輩の話とか、話に花が咲きまして、気づいたらすっかり遅くなってしまっていました。同期、同門って、やっぱりいいものですね。


最近なかなかそういう機会がなかったので、すっかり盛り上がってしまったのです。坪井先生、佐藤先生、水口先生、角先生、本当にありがとうございます。また、ご参加頂きました南京都病院の皆様、盛り上げて頂きありがとうございました。


南京都病院は車だと滋賀から結構近いのですね。通勤?できる距離ですし、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。


IMG_20171207_221639.jpg

トップページへ

posted by 長尾大志 at 00:06 | Comment(0) | 活動報告

2017年11月26日

日本プライマリ・ケア連合学会 第31回近畿地方会にて教育講演「プライマリ・ケアで必要な呼吸器に関することがら」

今日は日本プライマリ・ケア連合学会第31回近畿地方会、お天気に恵まれ、琵琶湖がキレイでした。ピアザ淡海のロケーションはサササ サイコ−です。


IMG_20171126_120120.jpg


午後イチで教育講演をさせて頂きまして、お題は「プライマリ・ケアで必要な呼吸器に関することがら」。


プライマリ・ケア連合学会に参加されておられる先生方は、皆さん勉強熱心でいらっしゃるので、本当であれば?今頃出版されていたはずの ((((;゚Д゚))))))) 「呼吸器診療メソッド(仮)」と連動して、よく勉強されている先生方から頂くご質問とお答え集、あとは書籍をご覧ください(笑)!みたいな感じでやろうかな、と思っていたのですが…。そうもいかず(汗)。


書籍の内容をできるだけ盛り込もうとすると、とても時間が足りませんので、先生方は基礎事項をご存じ、という前提で、スライドを大幅に端折って、サッサッと進めて、なんとか時間ちょいオーバーで終えることができました。ご期待にお応えできたでしょうか…。


ウチの医局からの開業第1号、龍神先生や、大恩のある佐竹先生が聞いてくださっていて、終了後にお話しできました。学会の学生企画に参加していたウチの学生さんも聞いてくれて、ありがたやでございます。


IMG_20171126_135837.jpg

トップページへ

posted by 長尾大志 at 17:00 | Comment(0) | 活動報告

2017年11月25日

沖縄県立中部病院呼吸器内科の喜舎場朝雄先生が滋賀に来られました!

今日は午後から、沖縄県立中部病院呼吸器内科の喜舎場朝雄先生をお招きしまして、教育回診+レクチャーを頂くという僥倖に恵まれました!!ッッ


…といいますといかにも私や滋賀医大が企画したようですが、さにあらず。企画から実行まで、学生のYさんによるもので、草津総合病院さんのご協力の下開催されたものでした。私はただただ参加しただけです、ハイ。以前徳田安春先生を滋賀にお招きしたときも暗躍?されたYさんですが、まあその実行力には脱帽です。


IMG_20171125_154705.jpg


徳田先生のときにも書いたかもしれませんが、私は沖縄県立中部病院で働いたことはありませんが、病院見学をさせて頂いたり、伝説の「うふいち会」に参加させて頂いたり、もちろん書籍やご講演で勉強させて頂いたり、と、かなり沖縄の先生方にお世話になっているものでございます。ということで勝手に弟子面をしていたりする次第でございます。直接ご挨拶できてよかったです…。


IMG_20171125_190017.jpg


今日のご講演もpearlに満ちた、素晴らしいものでした。お話を聴いた学生さんや研修医の方々が「呼吸器面白い!」「呼吸器を専門にしたい!」と言っておられて、自分のやっていることはまだまだだ!!と強く思いましたし、これからの目標ができました。喜舎場先生、そしてYさん、本当にありがとうございました!

トップページへ

posted by 長尾大志 at 23:52 | Comment(0) | 活動報告

2017年11月03日

鳥取県東部医師会肺がん医療機関検診従事者講習会でKGM 48神セブンのお話

そういうわけで、昨日は鳥取県におじゃましまして、鳥取県東部医師会肺がん医療機関検診従事者講習会でお話をさせていただきました。鳥取県東部医師会さんには数年前からお誘いいただいておりましたが、なかなかスケジュールが合わず、ようやくこのたび伺うことができたのです。


IMG_20171102_190010.jpg


今回は、肺癌検診に従事される先生方に向けてのお話、ということで、昨今力を入れている「胸部画像感想戦」で取り上げた「結節影」を取り上げました。


見えにくかった、見逃された結節影を、後から振り返って検討した(感想戦)ときに、「ああ、こういうところに注意すれば、これは見逃さずに済んだかもしれないなあ」というポイントを集めて、影を見つける(KGM)ポイント、としました。ポイントは48個もありませんが、そのうち神セブンというべき、7個の重要ポイントをピックアップして、ポイント+その実践例のお話をさせていただきました。


鳥取は小学校の修学旅行以来で、実に38年ぶり、いろいろとお話を伺うと、やはりご多分に漏れず地域に呼吸器内科が少なく、ご苦労が多いとのこと。肺がん検診もいろいろな点でご苦労されていると聞きました。今回のお話が何かのお役に立てたのであれば、幸いであったと思います。お招きいただいた鳥取県立中央病院の杉本先生、座長の労をお執り頂いた医師会理事の池田先生、お世話になりましてありがとうございました。



せっかくの鳥取、今日は少し足を伸ばして、38年ぶりに砂丘に行ってみました。まあ38年前の記憶なんてほとんどありませんが…。


IMG_20171103_104525.jpg


IMG_20171103_110208.jpg

梨ソフトと私。


IMG_20171103_091737.jpg

駅前でも砂イベント。そういえば世の中、連休でしたね…。


往復の車内では次に出る本の校正を頑張りました。年明けあたりに出せれば、という見込みです。また近づいて参りましたら告知しますね。


IMG_20171103_141455.jpg

トップページへ

posted by 長尾大志 at 20:19 | Comment(0) | 活動報告

2017年10月29日

亀井道場で胸部画像づくしの2日間、でもそれだけではありません!

というわけで、昨日と今日、亀井道場でお話をさせていただきました。


IMG_20171029_101331.jpg


学生さんや研修医の皆さん、勉強熱心ではあるけれども、最初の時点では必ずしも胸部X線写真が読めるわけではない、というラインから、

@ まず基本事項をざっとおさらい(1.5時間)
A そして陰を見つける(KGM)神セブンの伝授、例題を皆で考えながら(1.5時間)
B そして翌日、症例をみながら演習(時々例題も挟みながら)4時間

演習は疾患の説明もどんどん挟みながらやりましたのでかなり尺が伸びてしまいましたが、画像に絞ってやればたぶん3時間ほどでいけるはず。


これで皆さん、かなり陰影が「読める」ようになってこられましたね!最後にはかなりの難症例も、複数の人が答えてくれたり、結構手応えがありました。自分でも、かなりやり方が洗練されてきた感があります。短期集中トレーニング、とかいう教材になるかもしれません(笑)。


それと今回はちょっと尺が足りませんでしたが、「悪い大人にダマされないようにするための論文講座?」も、プレゼンしてくれた学生さん達の頑張りのおかげで、なかなか面白く進めることができました。準備が大変だったと思いますが、悪い大人にダマされないためのメッセージ、皆さんに受け取っていただけたならうれしいです。


亀井先生には毎回おいしいお料理をごちそうになり、いつも本当にありがとうございます!今後ともよろしくお願い申し上げます。また幹事の大野君はじめ積極的に参加してくれた皆さん、本当にありがとうございました。皆さんの今後一層の飛躍を祈っています!


IMG_20171029_145021.jpg

トップページへ

posted by 長尾大志 at 21:56 | Comment(0) | 活動報告

2017年10月18日

告知!メディカ出版看護セミナー『よくみる症例から学ぶ 呼吸器疾患〜おさえておきたい観察ポイント〜』

最近告知をすっかり忘れていました。


10月21日(土) 大阪私学会館4階講堂にて、9時から16時半まで、みっちり1日のセミナーです。


メディカ出版看護セミナー『よくみる症例から学ぶ 呼吸器疾患〜おさえておきたい観察ポイント〜』
http://www.medica.co.jp/seminar/detail/171


前回東京編での好評だったアンケートや、東京での講演風景、それに私の挨拶動画もありますので、「こんな間際に何を言ってるんだ!」という方も、リンク先を一度ご覧頂ければそれなりに楽しんで頂けるかと思います。


トップページへ

posted by 長尾大志 at 10:55 | Comment(0) | 活動報告

2017年10月14日

第20回 滋賀呼吸器感染症研究会に参加して思う

先日、第20回滋賀呼吸器感染症研究会に参加致しました。しかし昨今、新規抗菌薬はとんと開発されず、市場には後発品ばかり、という状況で、こういった会にメーカーさんのサポートをいただける、ということもどんどん減っておりまして、ご多分に漏れずこの会も、今回で最後、ということでした。


私も滋賀に来て当初はあまり熱心に参加してきませんでしたが、彦根の茂籠先生によって毎年ご報告いただいている「昨年度 滋賀県における P.aeruginosaのサーベイランス報告について」の面白さにハマリ、また、特別講演も毎年興味深い話題を提供頂き、ここ最近はすっかり常連として参加させて頂いていただけに、終わるのは大変残念です。


まあ、時代もそういう時代ではない、ということなのでしょう。勉強したければメーカーに頼るのではなく、自分でしろ、と。



で、その茂籠先生のご発表を聴いていると…。数年前まで、滋賀県の、特にある特定の施設において顕著でありましたが、緑膿菌の各種抗菌薬に対する感受性がヤバかった。それが、ここ数年、感受性が戻って来つつあるのです!


抗菌薬を使わなければ、感受性は戻って来ると考えられていますが、滋賀県下の病院でも、適正使用が進んでいるのでは!!!


ひょっとして、ひょっとしてなんですが、滋賀医大で私たちが口をすっぱくして教育・指導して回っている、「抗菌薬の適正使用」、これが、実を結んできたのかも…なーんて、夢を見たくもなりますね。


教育って、その効果・アウトカムが、ほんっと〜〜に見えにくいもので、自分がやっていることが、意味があるのだろうか??って、疑心暗鬼に陥ることもあります。たまには、自分たちの教育が、滋賀の医療を変えた…なんて、夢を見てもいいじゃないですか…。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 21:00 | Comment(0) | 活動報告

2017年10月09日

宿坊合宿で初心に返り勉強と自省

この土曜日、日曜日には、チーム関西によります「宿坊合宿2017」におじゃまして参りました。2日間泊まり込みで学生さんが勉強しまくるという、自分の学生時代を思うと信じがたい催し物です。今年のテーマは「初心」。スケジュールを見てみると…


10月7日(土)
13:00〜14:45 平島修先生・吉岡秀人先生
15:00〜16:15 上田剛士先生
16:30〜18:00 北和也先生・松本謙太郎先生
18:30〜19:30 夕食
19:30〜20:45 長尾大志
21:00〜22:15 徳田安春先生
22:30〜24:00 懇親会

10月8日(日)
9:00〜10:15 児玉和彦先生
10:30〜11:45 忽那賢志先生・谷崎隆太郎先生
12:00〜12:30 座談会


IMG_20171007_130508.jpg


平島先生はオープニングからテンションmaxで、引き込む力がすごい。滋賀医大の授業で取り入れたいけれども、取り入れたらセクハラになるかなあ、平島先生だからいいのかなあ…。


IMG_20171007_144004.jpg


吉岡先生のお話は、「やることやってきた人」ならではの、説得力のあるお話。やるか、やらないかだったら、やるしかないだろ。連日、自分の行いを省みることになります。ならぬは人の なさぬなりけり なのだなあ。


IMG_20171007_162220.jpg


上田先生の世界、何気なく聴いていると「へぇ〜」で終わるかもしれませんが、スゴいことを高速で回しておられ、かつ学びのことを考えておられる。やっぱり桁違いに勉強されていると、何事も洗練されるのですね…。


IMG_20171007_164545.jpg


キタカズ先生✕マツケン先生、やっぱりオモロイ。フリートークでこれだけ笑いが取れる、もはやひな壇を超えてMC芸人レベルではないでしょうか。


IMG_20171007_171341.jpg


滋賀医大の誇る優等生K君も、プレゼンター側で登場。流石でしたね〜。


IMG_20171007_220929.jpg


徳田先生はテーマに沿って、ご自分のキャリアと学生のキャリア形成について。お話の重みが皆に伝わっているでしょうか…。


IMG_20171008_091645.jpg


翌朝の児玉先生は、小児科で付きものの、ある問題についてのグループワークと、後半は、「ならぬは人の なさぬなりけり」ということについて。この2日間で、とにかく猛省です。


IMG_20171008_103839.jpg


忽那先生✕谷崎先生の、見るトレクイズ大会。構成が素晴らしい。もちろんクイズも。答える学生さんも恐ろしい。


自分のやっているところは撮れませんでした(当たり前)ので、終了後のお写真をば。


IMG_20171008_130330.jpg


豪華講師の先生方と!


IMG_20171008_130657.jpg


今回の首脳陣、チーム関西の代表さん方と!


IMG_20171008_130620.jpg


チーム関西の世話役?の方と!


IMG_20171008.jpg


拙著当選者の方と!


主催の、チーム関西の皆さん、講師の先生方、そして参加されたすべての先生方、本当にありがとうございました!

トップページへ

posted by 長尾大志 at 19:24 | Comment(0) | 活動報告

2017年09月30日

第3回呼吸機能イメージング研究会サマーセミナー

昨日と今日の2日間、呼吸機能イメージング研究会の第3回サマーセミナーが滋賀県のピアザ淡海で開催されました。当番世話人が当科の中野病院教授であり、医局員総出でおもてなしさせて頂きました。


IMG_20170929_172656.jpg


私は昨日夕方の教育講演1を担当いたしました。工学系の先生方や放射線科の先生方が中心となっている会でありますので、肺機能の基本的なところをお話しさせて頂きました。呼吸器の先生方にはまあ基礎的過ぎるかな、という感じでしたが、放射線科の先生で私の書籍で呼吸器の勉強をしてくださったという先生とお話しできまして、喜んで頂けたようでよかったです。


IMG_20170929_172000.jpg


昨日、今日と天気もよく、県外から来られた先生方には、ピアザ淡海からの素晴らしい眺望を楽しんで頂けたのではないかと思います。ご参加の先生方、ありがとうございました。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 21:02 | Comment(0) | 活動報告

2017年09月24日

この秋の目玉?

先だってから、胸部画像感想戦とか、KGM48とか、よくわからないことを書いておりましたが…。


胸部画像、特に胸部単純X線写真を自習しよう、というときに、一番いい方法は、胸部CTと付き合わせて「答え合わせ」をすること。答え合わせをする、要するに振り返りをするというのは、臨床の現場で経験したことを自分の糧にするための大切なステップですね。


もちろん上級医に教えてもらう、これが効率的には最強ですが、なかなかつきっきりで指導をしてもらう時間的空間的余裕が、お互いないことも多いのが現実でしょう。そこで次善の策として「振り返り」があるわけです。特に「答え」?があるような項目だと有用です。


呼吸器の分野でいいますと、まずは身体診察の答え合わせとしての胸部X線写真。これは身体診察の自習にオススメです。すぐに答え合わせができるし、意外に!自分の(拙いと思っていた)身体診察が結構「使える」ことがわかってうれしくなります。これの手ほどきをどなたかにしてもらえると、診察を積極的にやっていきたくなるので、是非世の上級医の先生方は、若い皆さんに教えてあげて頂きたいものです。


そしてもう一つが、胸部CTによる、胸部X線写真の答え合わせ。これも、最初は少し手ほどきが必要です。X線写真とCT、どこにどの構造物があって…ということを対照させて、この陰影はこう見えていたのだ…と振り返る。これが自分でできるようになれば、呼吸器専門医の上級医が不在であっても、どんどん読影の技術を向上させることができます。


ということで、昨今話題の将棋、その感想戦に倣って、「胸部画像感想戦」と名付けまして、広めていきたいなあと思っております。何度か一緒にやってみないとなかなか「手ほどき」が難しいのですが、そのあたりはまた試行錯誤していきたいと思います。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 19:58 | Comment(0) | 活動報告

2017年09月23日

秋以降の予定、内容が決まって参りました。

前回の告知からしばらく経ちまして、いろいろとタイトル、内容など詳細が決まって参りました。いくつか追加された予定もありますので、まとめてご紹介しておきます。


・市立敦賀病院呼吸器勉強会
「症例から学ぶ 呼吸器四方山話」
10月6日(金) 18時〜20時
症例検討を進めながら、呼吸器のあれこれを漫談形式??でお送りします。これまでになかった形式で、こちらも楽しみです。参加される皆さんのアクティブ度次第で、すごく面白くなりそうな予感。


・宿坊合宿
10月7日(土)〜8日(日) 東寺洛南会館
10月7日(土)19:30〜20:45 「胸部X線道場」
https://shukubo2017.amebaownd.com/
どちらかというと、勉強させて頂きに行く感じです。参加される皆様、よろしくお願い申し上げます〜。


・山科呼吸器セミナー
「咳でお困りではありませんか?」
10月24日(火) 19:00 〜 20:00
以前、同じようなタイトルでの講演がありましたが、中身はだいぶ変わっています。一見医師会の先生方向けにも見えますが、音羽病院はじめ山科近辺の病院の研修医諸君に向けた内容でもあります。


・亀井道場
10月28日(土)〜29日(日)
内容はまだ流動的ですが、胸部X線道場(基礎、結節の見つけ方、実践塾)、「ガイドライン」を読み解く〜その裏にある「大人の事情」とは〜、血ガスの読み方と人工呼吸の考え方、などなど、楽しそうな企画を用意しています。


・鳥取県東部医師会講演会
「胸部画像感想戦で学ぶ 見える結節・見えない結節〜KGM48 神セブン〜」
11月2日(木) 19:00 〜 20:00
今年の秋はKGM48 神セブンを推していきます。ウザいかもしれませんがよろしくお願い申し上げます!


・日本集中治療医学会関西支部看護セミナー
「ナースにやさしイイ『呼吸・人工呼吸教室』」
11月18日(土) 13:00 〜 16:30 場所 iMEPホール(南草津駅歩2分)
http://www.jsicm.org/seminar/#kango
こちら、内容は前回の予告通りとなります。スライド全て完成済み。


・日本プライマリ・ケア学会連合会教育講演
「プライマリ・ケアで必要な呼吸器に関することがら」
11月26日(日) 13:00 〜 14:00 ピアザ淡海
こちらも、やっとスライドできました。1時間枠なので泣く泣くカットしたあれこれが残念ですが、プライマリの先生方のお役に立てる内容になっているはず。


・福知山市民病院
12月初旬に、お話を頂いております。周辺の病院におられる研修医の先生方による勉強会のお手伝いをさせて頂きます。


・南京都病院
「血ガス・電解質の見かた(仮)」
12月7日(木)


・日本呼吸器学会近畿地方会ショートセミナー
「呼吸不全・ARDS」
12月16日(土)16:10〜16:30
これ、お題は上記の通りですが、私なんぞがまともに「呼吸不全・ARDS」の話をしても、真面目な呼吸器学会参加者の先生方のお役に立てるとは思えませんので、変化球でいく予定。怒られるかな…??

トップページへ

posted by 長尾大志 at 21:41 | Comment(0) | 活動報告

2017年09月16日

Taro Minami(南太郎)先生に来滋頂きました!

去る9月14日(木)、米国ブラウン大学のTaro Minami(南太郎)先生に、わざわざ滋賀までお越し頂いて、肺エコー、横隔膜エコー、心エコーの講演+ハンズオンセミナーを執り行って頂きました。


南先生はこの分野の先達、第一人者の一人で、そもそも肺エコーを始められたLichtenstein先生の直属のお弟子さんで教科書も書かれているスゴい方。


今回は、第15回 日本病院総合診療医学会 学術総会で、Point of Care Ultrasoundの講演+ハンズオンセミナー@東京(千葉)浦安のために来日される、そのついで?に滋賀までちょいと?足を伸ばして頂いて、という次第でした。


なんでそんなスゴい先生に、こんな滋賀の片田舎まで来て頂けたのか。実は大学時代の、クラブの後輩だったりするのです。それも水泳と軽音、担当楽器まで同じでしたからねフフフ。また、彼は卒業後1年間京大病院で研修されたその時にも、当時大学院でくすぶっていた私と絡みがあったりしました。実は私の結婚式にも参加してもらっていたりします…。


でもその後渡米されて、しばらくやりとりがなかったのですが、最近になって「肺エコーの南先生」として活躍されていることがわかったわけです。これはfacebook、そして杏林大学の皿谷先生のおかげであります。facebook畏るべし。そして皿谷先生も畏るべし、ですね(わかる人にはきっとわかる)。


とはいえ、以前にも愚痴を書きましたが、外部の方に来て頂いて講師をやって頂く、ということは、田舎の大学ではかなりの困難を伴います。本当に。しかし今回さらに幸運なことがいくつか重なり、日本呼吸器学会近畿支部様から補助を頂けることになり、この招聘が実現したものであります。



さて当日ですが、あらかじめアンケート、プレテストを行い、それから講義。


IMG_20170914_183248.jpg


そしてハンズオンへという流れで進めて頂きました。米国仕込みの、導入で興味を引きつけ、ポイントをおさえた簡潔な講義、そしてハンズオンと、いろいろと参考になる進め方を拝見出来てよかったです。なんてったって南先生、ブラウン大学のベストティーチャー賞取っておられますからね。ベストティーチャー…\(//∇//)\


IMG_20170914_183949.jpg


横隔膜エコー。モデルは不肖私です…。


IMG_20170914_193700.jpg


ハンズオンです。循環器内科さんのご厚意でエコーの器械を1台貸して頂き、2台でやれたのは幸いでした。


IMG_20170914_221326.jpg


終了後のお食事会でも、いろいろと興味深いお話を伺いました。詳しくは明日。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 22:06 | Comment(0) | 活動報告

2017年09月03日

渓仁会グループ合同勉強会にて、「呼吸生理とフィジカルアセスメント」「医療・介護関連肺炎」のお話

昨日はそういうわけで、渓仁会グループ療法士さんの合同勉強会で、講師を務めさせていただきました。


当初は手稲渓仁会病院さんの勉強会、という風になぜか思い込んでいて、参加されるのは十数名かなあ、そうするとグループワーク中心の方がいいかなあ、少なくとも双方向性の方がいいかなあ、等と思っていたのですが、お話を伺っていると新卒の方も多く、基礎からしっかり講義を…とのことでしたので、軌道修正して当日臨んでみると、なんと150名ものご参加でした!ガッツリ双方向性にしなくてよかった…(汗)。


前半では呼吸生理の基礎と診察の手技、そして後半には肺炎のメカニズムと、なぜこういう所見が見られるか、的なお話をさせていただきました。今年改訂になった肺炎ガイドラインも、療法士さんに関与いただくところがますます増えているのでしっかりとお話しいたしました。


ちょっとだけ双方向性、ということで、途中で問題を挟みつつ、最後に正解の多かった方によるじゃんけん大会で景品授与、なんかもやらせていただきました。それなりに盛り上がっていたでしょうか?


IMG_20170902_200437.jpg


IMG_20170902_220126.jpg


実はこちら、渓仁会グループさん全体の合同勉強会だったそうです。グループの規模(なんと北海道の療法士さんの5%を占めるとか!)にも驚きましたが、療法士の皆さんがものすごく勉強熱心であることにも感銘を受けました。さすがです。


IMG_20170902_204637.jpg


さすがに150人の前でのご質問は少なかったのですが、終わった後のご質問が数多く、また非常に鋭い(≒なかなか解の見当たらない、解決の難しい)ご質問が多かったのですね。


IMG_20170902_204607.jpg


そして北海道の幸も堪能いたしました。口にするものどれも最高!是非また北海道でのお仕事を承りたいものです(笑)。


IMG_20170902_175537.jpg


このたびは手稲渓仁会病院の小谷さんに何度もやりとりして頂き、本当にお世話になりました。また、本当に名前を挙げられないほど多くの皆さんと語らい、名刺交換もさせていただきました。あたたかく迎えて頂き、本当に感謝しております。今後ともよろしくお願い申し上げます。グループのますますのご発展をお祈り申し上げます。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 16:34 | Comment(0) | 活動報告

2017年08月27日

メディカ出版看護セミナー『よくみる症例から学ぶ 呼吸器疾患〜おさえておきたい観察ポイント〜』と収録をしてきました

一昨日は収録1件。ケアネットさんでまた番組をやらせていただきます。また詳細が固まりましたら告知しますね。


そして昨日は、メディカ出版さんの看護セミナーで、『よくみる症例から学ぶ 呼吸器疾患〜おさえておきたい観察ポイント〜』というタイトルのお話をさせていただいておりました。なんだかんだでこちらの更新ができておりませんでしてご心配をおかけしました。


昨日も熱心な参加者の方々にたくさんご質問を頂き、なるほどこういうポイントがあるのだな、とよくわかりました。「急性期・術後の呼吸器ケア」偏に参加されていた、熱心な方もちらほら。


IMG_20170826_180406.jpg


IMG_20170826_183705.jpg


昨今の事情から会場写真のupができず、食べ物写真になりがち…ですが、帰りの富士山「奇跡の瞬間」美しい夕焼けでした。外が暗くて室内が映り込んでおりますが…。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 19:53 | Comment(0) | 活動報告

2017年08月22日

メディカ出版看護セミナー『よくみる症例から学ぶ 呼吸器疾患〜おさえておきたい観察ポイント〜』今週末です

今週末に迫っておりましたのに、すっかり告知を忘れておりました。


・メディカ出版看護セミナー『よくみる症例から学ぶ 呼吸器疾患〜おさえておきたい観察ポイント〜』
http://www.medica.co.jp/seminar/detail/171
東京 8月26日(土) 建築会館 1階ホール 9時〜


呼吸器疾患の看護に役立つ「考え方」が定着するように、肺と呼吸の基礎から診察のやり方をマスターして頂き、さらによくある疾患で「何が起こっているのか」を知ることで、各々の現場で、丸暗記でなくきちんと考えて対処出来るようになって頂きたい。現場力を上げましょう。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 08:21 | Comment(0) | 活動報告

2017年08月20日

福岡大学呼吸器若手育成セミナー「呼吸生理と血ガスの見かた/人工呼吸器の考え方」無事に終えました。

そういうわけで、昨日は福岡大学の石井寛先生にお招き頂き、呼吸器若手育成セミナーで「呼吸生理と血ガスの見かた/人工呼吸器の考え方」のお話をさせて頂きました。


20914726_1787505977930296_1486399902391801169_n.jpg


福岡大学さんには初めて伺いましたが、地下鉄直結で便利!ステキな環境でうらやましい限りです。


講演は、呼吸生理の基礎と人工呼吸器についてがテーマでしたが、聴かれる方が医学生さん、看護師さん、理学療法士さん、それに初期研修医から呼吸器内科の先生方、ということで、呼吸生理は基礎的なことから、血ガス〜人工呼吸器のところは、結構応用の利く、「どう考えて設定をするか」といったところまで、結構欲張って詰め込みました。時間的にも収まって安堵しました。


肝心の内容も、概ね皆さんに喜んで頂けたようで、こちらもホッとしました。


IMG_20170819_183812.jpg

石井先生と獺祭スパークリングと。


IMG_20170819_183758.jpg


IMG_20170819_183630.jpg


IMG_20170819_185238.jpg


IMG_20170819_204232.jpg


拙著の読者の方もたくさん。サイン会?も盛況でした。何よりうれしかったのは、「学生の時呼吸器に苦手意識があったのが、先生の本を読んで呼吸器に興味がでて、進路も呼吸器を選択したんです!会えてうれしいです!」と言っていただけたこと。これまで自分がやってきたこと、苦労が報われた、そんな風に感じられました。なかなか教育に携わって、報われたと実感できることってないんですが、本当によかったです。


IMG_20170819_200021.jpg


さてお料理も、インスタ映え?する見た目、お味も素晴らしく、幸せなひとときでした。


IMG_20170819_204854.jpg

思わず写真を撮りたくなりますね!


石井寛先生はじめ福岡大学の先生方、いろいろお世話になりまして、ありがとうございました!
今後ともよろしくお願い申し上げます。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 15:56 | Comment(0) | 活動報告

福岡大学にお邪魔しました。

今日は、福岡大学の石井寛先生にお招き頂き、呼吸器若手育成セミナー「呼吸生理と血ガスの見かた/人工呼吸器の考え方」というタイトルでお話しさせて頂きました。


終了後たくさんの方とお話しさせて頂いたのですが、大変多くの気づきがあり、ちょっとまたこれからのプレゼンに革命が起きそうです。


気付けば…ああ…日付が変わっておりました。現場リポートは明日(今日)に。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 00:00 | Comment(0) | 活動報告

2017年08月05日

夏以降の予定

夏以降の予定、ポスター、そして内容も続々決まっております。配付資料を早めに作る=発表内容も決まる、という感じですので、アドバンスコースが終わってからじゃんじゃん作成しています。


・福岡大学 呼吸器勉強会
8月19日(土) 16:00 〜 18:00

対象が「医学生・看護学生・理学療法士・看護師・研修医」となっておりますので、まずは呼吸生理の基礎と、血ガスについてみっちり、それから呼吸管理の入り口についてもお話します。

poster若手育成セミナー2017.jpg



・メディカ出版看護セミナー『よくみる症例から学ぶ 呼吸器疾患〜おさえておきたい観察ポイント〜』
http://www.medica.co.jp/seminar/detail/171
東京 8月26日(土) 建築会館 1階ホール 9時〜
大阪 10月21日(土) 私学会館 4階講堂 9時〜

先日の「呼吸管理編」でもそうでしたが、今回の「疾患編」でも、さらに実際の症例を取り上げ、次に何を観察するか、どう動くか、といったところを、疾患を理解していただくことで「丸暗記」ではなく「考えて」行動できるようになっていただきたい、そんな感じの1日にしたいと思います。



・手稲渓仁会病院呼吸器講演会
9月2日(土) 13:30 〜 16:30 

内容が確定しました。まずは呼吸の基礎と身体診察について、みっちりお話をさせていただきます。それから医療・介護関連肺炎についてお話しするのですが、今年改訂された『肺炎ガイドライン』でいささか位置づけが変わったところもあり、基礎的なところ、診断や診察のところなどを中心に取り上げます。



・市立敦賀病院呼吸器勉強会
10月6日(金) 18時〜20時

いくつか候補はありますが、症例検討しながら呼吸器の知識を整理していく、びわこ闘魂外来とBRONCHOのミックス的に進めていくことになるでしょう。



・宿坊合宿
10月7日(土)〜8日(日) 東寺洛南会館
https://shukubo2017.amebaownd.com/

今年のテーマは『初心』。深い。私の出番は10月7日(土)の19:30〜20:45です。今年は(今年も)胸部画像がテーマですが、今年は特に、胸部画像感想戦を用いて、「見つけるべきであった異常影」を振り返ります。



・亀井道場
10月28日(土)〜29日(日)

まだ本決まりではありませんが、何となく、最新ガイドライン(肺炎・ACOS・肺癌・IP)の裏側とか、胸部画像感想戦とか、そういう感じの濃い2日間になるでしょう。



・鳥取県東部医師会講演会
11月2日(木) 19:00 〜 20:00

元々胸部画像感想戦のアイデアはこちらの講演会でわいたものでした。結節影に気づくためのヒント、コツ、こういうものがX線写真ではこう見える。そういうお話になります。



・日本集中治療医学会関西支部看護セミナー
11月18日(土) 13:00 〜 16:30 場所 iMEPホール(南草津駅歩2分)
http://www.jsicm.org/seminar/#kango

呼吸の基礎から人工呼吸管理の「考え方」まで、考え方です。考え方を学んで、後は考える。丸暗記では意味がありません。患者さんがこんな感じだから、血ガスがこうだから、モニターがこうだから、…だからこう考えて、こう動く。そんな看護師さんになっていただきたい。



・日本プライマリ・ケア学会連合会教育講演
11月26日(日) 13:00 〜 14:00 ピアザ淡海

秋発刊予定の『呼吸器診療メソッド(仮)』の内容にちなみ、各種検査ができない状況で、「検査ありき」になってしまっている呼吸器疾患をどう扱うか、具体的には感染症、喘息・COPD、NTM、間質性肺炎などについての『診療メソッド』エッセンスをお話します。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 13:03 | Comment(0) | 活動報告

2017年07月30日

第1回 耳原総合病院 GP+1セミナーに参加

今日は、耳原総合病院さんにおじゃましまして、記念すべき第1回 耳原総合病院 GP+1セミナーでお話をさせていただきました。


IMG_20170730_095600.jpg


主催の藤本卓司先生はもちろんですが、『感染症プラチナマニュアル』の岡秀昭先生、『グラム染色道場』の山本剛先生と、感染症に興味のある方なら皆さんご存じの著名な先生方に交じらせて頂き、感染症における胸部画像のお話をさせていただきました。


IMG_20170730_114306.jpg


今チラシを見ると、定員50名となっておりますが…100名以上の方がいらっしゃっていて、熱気あふれる会となっておりました。


藤本先生、座長をしていただいた大矢亮先生はじめ、耳原総合病院の先生方、スタッフの皆さん、お世話になりましてありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

トップページへ

posted by 長尾大志 at 21:52 | Comment(0) | 活動報告